おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

文化財の維持・継承について

「折り紙」で脳が活発に?明治政府も幼児教育に取り入れた折り紙の文化について。

こんにちは。 弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 子供の頃折り紙をして遊ぶことがあったと思いますが、実はこの「折り紙」には素晴らしい効果が秘められています。 指先の運動とそれに連動した脳のトレーニングです。 今でこそ健康の一環やこ…

文化財保護はハイテク技術が必要な分野。歴史が好きだけでは挫折してしまうかも?

こんにちは。 弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 文化財の保護の仕事というと机に向かって論文を書き、図書館などに通い詰めてめっちゃガリガリ勉強しなければならない! と、思われがちです。 でも、実際はかなりのハイテク技術が必要。 一応…

房総の方言「房州弁」。汚い?怖い?今だからこそ考える方言の価値。これも立派な文化財!

こんにちは。 弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 今回は「方言(ほうげん)」。 どこの地域にも少なからずありますよね。 もちろんまちこの地元にもあります。 いわゆる「房州弁(ぼうしゅうべん)」ってやつです。 でもこの「方言」、絶滅の…

三種の神器って本当にあるの?天皇ですら見られない謎の宝物。

こんにちは。 弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 今回は、弱小文化財とはいえない国家クラスの文化財? 「三種の神器(さんしゅのじんぎ)」をピックアップ。 歴史の教科書に載ってるこの宝物。 実在するのか疑問に思いますよね。 これ ちゃん…

文化財保護の仕事をしたいなら視野を広げよう!様々な職種の人が関わることを知る。

こんにちは。 弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 管理人まちこは、学芸員の資格を持っています。 しかも、文化財の保護の仕事をしたくて文化財専攻の大学にも行きました。 卒論も書いて無事大学を卒業して「学士」の単位ももらっています。 そ…

学芸員の資格は必要なのか?学芸員裏話や取得方法など秘密情報満載!

こんにちは。 弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 わたしは「学芸員(がくげいいん)」の資格を持っています。 この資格は特殊で、実際に美術館や博物館などで働かない限り、「わたしは学芸員です」と名乗ることは出来ません。 なので「わたし…

どうして建築資材にヒノキを使うの?古代人の木材の知恵。

ヒノキの香りをかぐと、真新しいお家を思い出します。これは遥か昔から、ヒノキは建築資材として使うと良いとされてきたためです。日本書紀の中でも、木はそれぞれ役割・使命を持って生まれてきました。ヒノキをはじめとして木材のそれぞれのもっとも適した…

老舗(しにせ)とはなにか。日本の企業が長寿な理由は日本独自の考え方があるからです。

こんにちは。 弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 今日は「老舗」を応援です。 実はこの「老舗」には色々な日本の文化がつまっています。 日本独特の考え方や精神性など、ギュッと盛り沢山。 なぜ老舗はここまでつづくのか、詳しく解説して行き…

漆は現代技術もびっくりの物質。漆器製品は大事に使わずどんどん使う!

こんにちは。弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。 今、文化財の修復の中で危機になっていることがたくさんあります。 全てのものにいえますが、後継者不足とともにその材料となる資材の不足も懸念されています。 例えば今日お話しする「漆」。 …

写真を撮るだけで文化財を守る?「記録に残す」のは誰にでも出来る簡単なこと。

弱小祭礼を応援するブログ「おらがまち」のメインテーマです。 たくさんの人に地元の祭礼を知ってもらおうを考えるコーナー第1回です。 では早速行ってみましょう。 なんの、難しい事はありません! 祭礼を守ることは文化財保護につながる 「文化財」とはな…