おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

鏡餅の意味と由来。ちょっと難しいけど面白い「鏡餅」という神事。

こんにちは。

弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。

 

12月になるとクリスマスや年越し、お正月の準備に忙しくなりますね。

今回は、その中で「鏡餅(かがみもち)」についてちょっとした豆知識です。

 

実は「鏡餅」を飾ることも食べることも一種の宗教的な神事。

意外にわたしたちは、知らず生活の中に神事儀礼を行っています。

 

「鏡餅」に隠された本当の意味と由来についてのちょっと難しいけど納得のマニアックネタです。

それでは早速!

鏡餅(かがみもち)とは

kagamimotitoha

歴史は?

平安時代の「源氏物語」には、お正月に子供の歯固めのために鏡餅を用意したとかかれています。

「餅」自体はそれよりも前からありましたが、「お正月の鏡餅」として登場するのは奈良・平安あたりではないといわれています。

 

原型ができたのは室町時代で、江戸時代に入りわたしたちが想像する鏡餅となりました。

なんで鏡餅っていうの?

昔の鏡は丸くて、それに似たお餅だったので鏡餅といわれるようになりました。

*1

 

また、お餅は神様へのお供え物として古代から重宝されてきました。

神社の御神体に鏡がおかれていることがありますが、こうしたことから神様の依代としての役割も担っていたようです。

良いことを届けてくれる年越しの神様「歳神(としがみ)様」が、宿るところとも、お供え物ともされます。

 

ちなみに大小二重にお餅が置かれるのは陽と陰を表しています。

飾り方にルールはあるの?

kagamimoti-kazarikata

12月26日~28日の間に飾ります。

 

三方の上に半紙(四方紅)、裏白(シダの葉っぱ)、鏡餅、御幣、橙を

置きます。

 

基本はこの形ですが、地方によって様々な形があるのも鏡餅の特徴。

おばあちゃんに聞くのが一番かな。

 

お供えする場所は家の大事なところです。

神棚をはじめ、火を使う台所、ものの入り口である玄関、穢れを流すトイレなどが良いとされます。

鏡開きってなに?

飾った鏡餅は1月11日に下げ、飾っている間に固まったお餅を割って砕く作業がありました。

この砕く作業を「鏡を開く」といい、これを食べるまでの一連の流れ「鏡開き」といいます。

 

新年にやってきた年越しの神様「歳神(としがみ)」様のご利益が宿ったお餅を食べて、新しい力をもらうという儀式でもあります。

 

ご利益をもらうために必ず食べましょうね。

鏡餅の本当の意味

kagamimoti-sinji

ここからが鏡餅の本当の意味になります。

ちょっと難しいけど知ったら面白い。

マニアックネタが好きな方は読んでみて下さい。

お米は神聖、それを突き固めたお餅は最強

kagamimoti-saikyou

いわずもがな、お餅はお米から出来ています。

 

お米や豆などの穀物は、たった一粒から何百何千という実をつけます。

昔の人はここに生命のエネルギーを感じ、神聖視するようになりました。

 

なので、お米からできるものはなんでもすごいってことになります。

 

お酒はお米の凝縮した液体。

お餅はお米を突き固めた塊。

 

お酒は神社の神事には欠かせないものですし、お餅はお正月の鏡餅に限らず、節句やお盆など節目節目に登場する食べ物ですよね。

いずれも凝縮されているので、この2つは最強なんです。

 

また、稲は「稲魂(いなだま)」や「穀霊(こくれい)」といわれ、人に力を与えてくれるものとして信仰されてきました。

 

鏡餅にはこの生命のエネルギーと霊力が宿っているとして、お正月という年のはじめに力をもらい今年一年を元気に過ごせるようにという意味がありました。

 

そして、鏡餅にはもう一つの意味があります。

これは先史時代から続く人間の宗教儀式の一つでもあります。

「神殺し・神喰い」に通じる

kagamimoti-kamigorosi

「神殺し・神喰い」とは、神様を殺して食べてしまうことです。

実は鏡餅はこの儀式に通じるところがあり、「ものを食す」という原型はここにあるといわれています。

 

神様を殺して食べる文化というのは、日本に限らず世界全般に見られます。

 

もちろん本当に神様を殺して食べるなんてことは出来ませんので、それの代わりになるものを食するというものです。

粉で作った神像や、神の化身の獣などが共通してあげられます。

 

日本で具体的な神事といえば、アイヌの熊祭り(イヨマンテ)や諏訪大社の御頭祭(おんとうさい)などがあります。

 

神である熊や鹿を殺し共同体(村や家族など)で食べ、命をもう一度再生させ次の豊穣を願う神事です。

お正月に限らず、何かの節目にこうした神事を行うことはかつての日本ではよく見られました。

 

神様を殺して、それを食するというのは「共食(きょうしょく)」につながり、共同体の結束力や神のご利益を手に入れる、神と一体になるといった意味があります。

 

「神殺し・神喰い」というと残酷な想像をされるかもしれませんが、「みんなが一つになる、神様とともにある」ためのものでした。

無暗ヤタラに行われていたものではありませんでしたし、昔の地域のつながりを維持するためにはどうしても必要なものだったんですね。

 

 

鏡餅はこうした神事のかわりに生まれました。

大変合理的なやり方だと思います。

 

 

食べ物を食べるというのは基本これに他になりません。

ある命をもらい命をつなぐという流れに宗教性を見出し、神事へとした古代の日本人の知恵と優しさです。

「いただきます」「ごちそうさまでした」はこうしたところから生まれました。

 

鏡餅はお正月に食べられますが、お正月は一年を終了した翌日、新たに始まる大変重要な日であり行事です。

普段食しているもの以上に、食べ物への神聖視は大きいです。

 

昔の人は良く考えたなぁというところって多々ありますが、こうして改めてみるとやっぱりすごいですよね。

鏡餅のもう一つの由来

京都の八坂神社には年越しの行事が書かれている縁起の一節があるそうです。

その中にはこう記されているんだとか。

その縁起では、人々が行う年越しの行事は、巨旦(こたん)*2をたべるという意味の密儀だと述べている。新年用に醸(かも)す節酒(せちざけ)は巨旦の血、餅は巨旦の肉、輪型の器に餅を入れるのは巨旦の骨をかたどったものだというのである。

引用:妖怪の本―異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説 (Books esoterica (24))

 

つまり「鬼=神」を食べることで、魔を殺す=魔(邪鬼)を祓い、次の年に向けて清らかになるための儀式としてとらえられていたようです。

 

鏡餅にもこのような「邪気払いや魔を祓う」意味も含まれているといわれています。

まとめ~置物の鏡餅?~

現在では生活にあわせて色々な形の鏡餅があります。

切り餅をつめたプラスチックのもの、お餅を置かない木製やガラス製、陶器・珪藻土製の置物などなど。

 

確かにあのでっかい御餅を丸々食べるのって大変ですよね。

食べきれないうちにカビが生えてしまったり、食べ飽きてしまったり。

 

木製のもやガラス製のものをこの時期にちょこっと飾って、それで終わりにするってのもちょっといいかなぁ。なんて思います。

 

しかし、鏡餅の本当の由来をここまで読まれると、飾るだけではダメってことに気づいていただけたと思います。

まちこは断然食べて欲しいと思っています。

 

鏡餅は飾って食べることで完結します。

 

なので、なるべくなら小さくても構わないので二段の丸餅の鏡餅を、それがだめなら切り餅を詰めたプラスチック容器の置物を利用してみてはいかがでしょう。

 

それでもやっぱり置物がいいという方は、中にお米の粒が入れらる形のものをおすすめ。

これなら最終的に食べれます。

 

また、毎年買うのが面倒だなぁって方にはこちらもおすすめ。

エコな鏡餅。

大きさが何種類かあって、サトウの〇餅1個分というのもあります。

お餅の部分が陶器になっていて、上にみかんでも置けば完璧です。

これはいいと思います。

 

 

「鏡餅」は古くから伝わる伝統文化でもあります。

現代に合わせて変わっていくのも、これまた文化の流れなのでいかんともしがたい現実でもあります。

 

また、伝統文化は普段意識することはなかなかありません。

「鏡餅」のように何気なく行っている行事の一つをちょっと意識するだけで、立派な文化の維持継承です。

 

お正月に行われているこの神事がずっと続けばいいなぁと思います。

 

 

以上「おらがまち」まちこでした。

*1:個人的に今でこそもちもちやわらかいお持ちですが、昔はついた直後こそやわらかいですが、徐々に乾燥し固くなるのが普通でした。なので形も似ていますが、「鏡の様に固い」って意味も含まれるかと思います。子供の歯固めのために使用されるくらいなので、かなりの硬さであったことも想像できます。

*2:牛頭天王の化身である鬼の王。神道では須佐之男命、陰陽道では行疫神の金神。八坂神社は御祭神を須佐之男命(=牛頭天王)として奈良時代の御霊会(ごりょうえ)を起源とする神社。死霊や怨霊などの御霊を鎮めるための神事が多い。