おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

笹万燈(ささまんど)が出祭!天津神明宮の御膝元で行われる祭礼。

天津祭礼について

現在天津は鴨川市の一部となっていますが、以前は旧天津小湊町として存在していました。

 

山がちな地域で田畑に適したところではなかっため、昔から漁業が営まれていました。

 

実際に漁業が盛んになり始めたのは江戸時代初期で、紀伊の国から漁民が移住しイワシ漁をはじめてからと言われています。

 

また、房総の伊勢と言われる天津神明宮や日蓮上人の生誕地にある誕生寺などがあり、古くからの仏教・神道ともに古い信仰を持つ地域でもあります。


天津の祭礼の最大の特徴と言えば、笹万燈(笹万灯(ささまんど))です。

天津地区独特の小型の屋台で、人は乗らず太鼓のみをのせ曳き回す余興物です。

小型の屋台と言っても、細部まで彫刻が彫られたくさんの提灯に灯される姿は大変立派で美しいものです。

 

「万灯」とはもとは四角い木枠に紙を貼り、その中に灯火をともして担いだり曳き回したりするもので、万灯は「多くの火」「明るく灯す」を意味します。

 

天津地区ではこれを小型の屋台としたため、それを提灯で飾り「万灯」としたようです。

この上部に笹を掲げることから「笹万灯」と言われるようにまりました。

 

これを船(現在は漁船に笹を掲げ船上お囃子を行う)にした万灯もあり、天津地区は余興物の面白い地区です。*1

詳細情報

毎年7月の末の金土日の3日間(前は7月26日~28日)に天津地区の須賀神社(総社)の例大祭として行われる祭礼で、須賀神社の大御輿と笹万灯が出祭します。

 

大神輿は8町が交替で渡御を行います。

初日金曜日が宵宮で夕方全町から6台の笹万灯が須賀神社下に集合します。

 

土・日が本祭となり、土曜に宮出し神事、日曜最終日に御社入れが行われます。

 

須賀神社の大神輿は千葉県内3番目の大きさと言われ、大変大きく動きの制御が難しいため暴れ神輿としても知られています。

 

子供神輿も出祭し、大人から子供まで老若男女皆が参加できる祭礼です。

独特の笹万灯を見に是非足を運んで下さいね!


参加地区は、芝町、城浜(城戸・浜)、新町、谷町、仲橋(仲宿・橋本)、引土の6地区(大神輿渡御は()も含む計8地区)です。

 

各地区が祀り神社につては、現在調査中のため記載していません。

地元の方、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授よろしくお願いします。

山車・神輿等をご紹介

芝町

芝町はJR安房天津駅周辺の区です。

芝町の集会所が駅と一体化しており、お祭りに時期になるとお囃子の練習が始まり、その音色が駅舎に響き渡ります。

 

天津地区で初の笹万燈を製作しました。

初代後藤義徳の彫刻が彫られています。

 

以前は神功皇后を乗せる山車でしたが、昭和32年に解体し、不定期ですが天津神明宮式年木曳祭などの神事やイベントなどで展示されることがあります。

車輪はなくお囃子台として登場します。

城浜(城戸+浜)

城浜は城戸(きど)と浜の二つの地区が合わさった区で、鴨川から見ると天津漁港手前あたりになります。

 

以前は神武天皇を乗せた山車をもっていましたが、現在は船万燈を出祭させています。

稲垣祥三と川股三喜男による彫刻が彫られています。先代の山車は館山市東藤から購入したと言われています。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain館山市東藤の祭礼

www.oragamati.com

新町

新町は神明川沿いの地区になります。

 

笹万燈を所有していますが、以前は屋台だったそうです。

屋台にあった初代・後藤義徳の彫刻を再利用(脇障子や懸魚など)し、現在万燈に飾っています。

谷町

谷町は天津漁港東側の地区です。

 

笹万燈を出祭させます。

平成に入って川股三喜男による製作されました。

仲橋(仲宿+橋本)

仲橋は仲宿と橋本の2地区の集合で、天津漁港を中心にある地区になります。

 

笹万燈を所有しています。

川股三喜男が平成入って作ったものです。

引土

引土(ひきつち)は、二多間川(ふたまがわ)沿いの地区です。

天津地区でもっとも西側になります。

 

笹万燈を出祭させています。

まちこ豆知識

gosinboku-sikinennsennguu

天津神明宮の式年遷宮から神社の維持について

「式年遷宮(しきねんせんぐう)」というと伊勢神宮の遷宮を思い浮かべると思いますが、実は日本全国結構色々なところでやっています。

 

身近なところでは天津神明宮でも遷宮が行われていますよね。

 

天津の人にとっては20年に一度の大イベントでもあります。

 

前回は平成27年だったので、次回はこの20年後になります。

 

以前は伊勢神宮と同様に社殿の建て替えを行っていたそうですが、毎回建て替えるのは氏子の負担が大きいということから、今は鳥居のみになったそうです。

 

ところで、遷宮っていろんな形があるって知ってましたか?

 

天津神明宮のように鳥居の建て替えをする場合や、装飾品(金具や調度品など)の修復や補修、屋根の葺き替えなどとするものもあります。

 

その理由は様々ですが、資金調達が困難、国宝などに指定された*2、木材が見つからないなどなど、理由は様々です。

 

社殿を丸々建て替えるのは今では数えるほどで、その代表が伊勢神宮というわけです。

 

しかし、昔はみんな社殿ごと建て替えるのが当たりまえでした。

 

この遷宮、定期的に立て替えるから「式年遷宮」といい、不定期であればただの「遷宮」、ちなみに建物建て替えないで中の神様だけ移動すると「遷座(せんざ)」。

 

今の時代の人からすれば20年(期間は30年や60年など)に一度に立て替えるなんてめんどくさい、って思うかもしれません。

なんてったて、伊勢神宮の式年遷宮には550億円もかかるらしいです!

 

すごいお金までかけて一体なんのために?とすら思いますよね。

 

  1. 氏子の信仰心の再確認のため
  2. 建物の老朽化を防ぐため
  3. 神道の永遠性を追求したため
  4. 常に新しいものであることが神道の教え
  5. 建築様式の保存

 

などのために行われているとされていますが、最大の理由は5の建築様式の保存=宮大工の育成と言われています。

 

老朽化が「穢れ」を象徴すると言われていますが、伊勢神宮の古材は他の神社の遷宮にも使用されたりします。

そもそも20年でそんなに廃れるか謎ですよね。

 

永遠性や信仰心のためともされますが、氏子たちにそれを強要するすることは出来ません。

新しいものがいいというのはなんとなくわかります。

日本人って「新しもん好き」じゃないですか?

これ神道の教えです。

 

こう考えると1~4って結構曖昧なもので、唯一明確なのは5なんですよね。

 

その証拠に建て替えるスパンが短いです。

20、30、60年が大体どこでも当てはまる年数で、この年数何かピンときませんか?

 

人が生きている年数です。

 

つまり、宮大工さんが一生のうちに絶対に1回は経験できるように計算されているんです。

 

そして、経験したものを次の担い手に継承する期間まで考えられているんです。

 

式年(定期的という意味)なら、別にキリよく100年に1回とかもっと長期的なスパンでもいいはずです。

神社の建築物なんて、天変地異でもなければ早々壊れるものではありません。

でもそれをしなかったのは、維持継承っていうのに重きを置いていいたからだと考えられているからなんです。

 

当然定期的に行われれば、そこから氏子たちの信仰心の再確認も出来ます。

新しくもなり、老朽化による穢れも祓えます。

これが繰り返されれば永遠性も再現出来ます。

それには社殿がなければ始まらないわけです。

 

一石何鳥にもなりますね。

 

1~5の中でどれが一番重要なのかと問われれば5だと思いますが、他の1~4にもちゃんとした理由があります。

優先順位はありませんが、どれもがどれもに影響を与えるものであるのは間違いありません。

 

このように遷宮による神社の維持には、深い意味があります。

 

現在社殿建て替えが行われなくなっている神社は増えて来ています。

 

ほぼ理由は2つ。

 

お金と木材の調達です。

 

だって、高いんです!

だって、木がないんです!

 

興味を持たれた方は、遷宮のため是非ご浄財(寄付金のこと)にご協力下さい(ちなみに私は天津神明宮の人間ではありません)。

が、文化財的観点からも重要な行事だと思います。

 

また、木の育成者にもなってみるってのはどうでしょう?

実は今林業関係の仕事に就かれる方の人口が激減しています。

木は山に勝手に生えていれば育つわけではなく、ちゃんと育ててあげる必要があります。

 

間接的に文化財を守る仕事が出来ます。

 

個人的には大変面白い職業だと思います。

 

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain木材のお話

www.oragamati.com

こういった担い手が増える事を願ってやみません。

参考文献・サイト

*1:船万灯は海の状態によっても出祭しないこともあります。

*2:文化財保護法というものがあって、国宝や重要文化財にしていされたものは、そのものを現状維持する義務が課せられます。大きく変更を行うには文化庁などの許可が必要でとっても大変。