おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

房総にも式年遷宮がある?特色豊かなお祭りたち。~広場・主基・太海・北辰・四方木・小湊・清澄・浜荻・実入・天津神明宮・弁天島祭礼~

スポンサートリンク

こんにちは。

弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。

 

鴨川市には多くの祭礼があります。

決して規模は大きくないですが、お祭りのバリエーションはとっても豊富。

 

 

式年遷宮?を行っている神社のお祭りに、お餅で出来た神輿、船の形の山車や、かつて明治天皇の新嘗祭にお米を献上した地区のお祭り、60年に一度の奇祭などなど。

 

では早速、鴨川市の祭礼についてご紹介したい思います!

こんなお祭りがたくさん

広場祭礼(須賀神社例祭)

例祭日:7月第1土曜日(前は7月7日)

鎮守:須賀神社

祭礼詳細:須賀神社を中心に行われる祭礼で、広場の待崎で行われます。

通称「待崎の天王様」。

 

広場には二社八坂神社があって、須賀神社は明治になって今の名にしましたが、もう1社の八坂神社は「細谷の天王様」といわれています。

ちなみに待崎(まっさき)は、鴨川市広場の須賀神社周辺地区です。

 

創建は天正の頃(16世紀末)。

祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)・罔象女神(みずはめのかみ)=水神・源義家。

 

鴨川シーワールドや亀田病院前の国道128号線沿いにある立派な神社で、嘉永年間に建立されたもの。

正面向拝(こうはい(ごはい):賽銭箱なんかを置いてあるところ)には、麒麟・獅子・龍などのめでたい動物たちが彫られています。

 

お祭り当日は屋台と子供神輿が出祭し、大人神輿は須賀神社拝殿に飾られます。

大人神輿は平成10年頃に作られましたが、江戸時代から伝わる先代の神輿もあります。

 

こちらの神輿は幅が132せんちもある大きなもので、当時は長狭一の大神輿だったそうです。

 

屋台は後藤喜三郎橘義信による彫刻で、大正4年に製作。

主基祭礼

例祭日:10月第2土・日

鎮守:各地区にて

祭礼詳細:山車や屋台が出祭。

主基祭礼が行われる地区には、明治天皇の即位後最初の新嘗祭(にいなめさい)(※毎年宮中で行われるお米の収穫祭)に選ばれた斎田があります。

成川(加茂神社)

成川(なりがわ)は主基交差点の北側広範囲の地区になります。

村社である加茂神社を祀ります。

 

屋台が出祭。

太田五良平藤原政信の彫刻で、明治28年に製作されました。

広田(?神社)

広田は主基のどのあたりで、どの神社を祀っているのかわかりません。

 

主基祭礼では屋台が出ます。

昭和63年に青年で製作したもの。

南小町(奥野神社)

南小町は長狭街道を挟んで、成川と丁度反対側になります。

奥野神社を祀り、主基祭礼には山車が出祭。

 

山車には大黒天が乗り、囃子台の上に注連縄を飾る珍しものです。

平成2年に田村一郎・田村秀夫が製作。

太海祭礼

例祭日:7月第4土日

鎮守:各地区にて

浜(津嶋神社)

浜波太とも。

仁右衛門島などを含む海っペリの地区です。

津嶋神社を鎮守とします。

 

まんま津嶋神社と受け取れば、御祭神は須佐之男命かな?御船の津嶋丸が出祭。

「御船(おふね)」とは南房総特有の船の形をした山車です。

後藤滝治義光による彫刻で、昭和3年に江沢栄次郎・竹次郎親子が製作しました。

岡(香指神社(かざしじんじゃ))

岡波太とも。

太海駅を中心に北に広い地区になります。

香指神社を祀ります。

 

お祭りには屋台と神輿が出祭。

屋台は後藤滝治義光による彫刻で、大正に製作されたもの。

 

以前は人形つきの万灯で出祭していたそうですが、こちらは廃絶しているようです。

神輿は江戸期に製作され、大変古い。

 

ちなみに祭神は弟橘媛(おとたちばなひめ)で、この神を祭神にするのは千葉県が中心。

伝説によると夫である日本武尊(やまとたけるのみこと)の身代わりとして海に身を投げたとされます。

そのため、この神社は「女子力アップ」のご利益があるとされ、じわじわ人気が出てきています。

北辰神社例祭

例祭日:10月1日

鎮守:北辰神社

祭礼詳細:北小町にある北辰神社の例祭。

鴨川市にある主基斎田の北側に位置する山間の地区。

熊野神社例祭

例祭日:10月第2月曜日(体育の日)

鎮守:熊野神社

祭礼詳細:四方木(よもぎ)は奥清澄といわれる清澄山の裏手の地区です。

熊野神社で行われる例祭で、「餅神輿」なる大変珍しい神輿が出祭します。

 

竹籠に餅をつめた神輿で、昔は地区内を練り歩いたそうですが、今は集会所で担がれるだけとなっています。

小湊祭礼

例祭日:7月の第3土・日曜(以前は7月23・24日)

鎮守:各地区にて

祭礼詳細:小湊地区と内浦地区の合同祭。

小湊神社・八雲神社・若宮八幡神社・吾妻神社・大萩神社・大山祇神社が参加。

 

内浦地区では大荻、小湊地区では3町が交代で屋台を担当します。

神輿3基(小湊神社・八雲神社・吾妻神社)と囃子屋台2台(内浦地区1小湊地区1)が出祭。

 

日曜日に3社の神輿が町内を練り歩き、深夜に宮入り。

 

この地区の小湊神社は、誕生寺の守護神社として昔から崇敬されていました。

そのため、毎月1日やこの小湊祭礼のときに、誕生寺のお坊さんが祈祷をします。

神社の祭礼なのに、お坊さんの読経が響くのでとても印象にのこるお祭です。

天富神社例祭

例祭日:4月22日

鎮守:天富神社

祭礼詳細:清澄地区の祭礼です。天富神社は創建年代等はわかっていませんが、安房開拓史の天富命(あめのとみのみこと)を祀っています。

これに由来した神社のようですが、現在は他の祭神も祀られ合祀神社に。

神仏習合により清澄寺と密接な関係を持っていたそうです。

 

神社本殿にて神主さんの祈祷が行われ、山車や神輿といった出し物はありません。

浜荻祭礼

例祭日:8月上旬(以前は7月31~8月2日)(3年に一度本祭り)

鎮守:貴船神社

祭礼詳細:東町(恵車)・仲町(宮本)・西町の合同祭です。

万燈と神輿が出祭。

 

貴船神社は弘安5年(1282)、日蓮上人を助けた北浦忠吾、忠内の創建とされます。

昔は近くの多聞寺の境内にありました。

 

神輿は平成14年行徳浅子で作られていますが、様式は先代のものを引き継いだもの。

先代神輿は拝殿に収蔵。

住吉神社例祭

例祭日:9月29日

鎮守:住吉神社

祭礼詳細:旧天津小湊町の実入(JR安房天津からJR安房小湊の間にある海側の地区)の例祭。

天津神明宮例祭

例祭日:10月15・16日

鎮守:天津神明宮

祭礼詳細:屋台や万燈が出祭。

20年に1度式年遷宮(鳥居の建て替え)が行われます。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain天津神明宮の式年遷宮

厳島神社例祭

例祭日:5月(60年毎の癸巳年の5月)

鎮守:厳島神社

祭礼詳細:。鴨川漁港の松島の1島「弁天島」にある神社。

通称「弁天様」といわれ、創建は承和年間(834~48)。

 

60年に一度行われる例祭で、町内を2日かけて巡行します。

しかも担ぎ手は女性だけという面白いお祭り。

 

さらに、神輿は切妻造りの神殿造り。

簡単にいうと小さな神社を担いでいる感じです。

この神輿を島に渡すために、船を並べて橋をつくるそうです。

 

前回は平成25年(2013)だったので、次は令和55年(2073)予定。

近隣の山車や神輿が鴨川漁港に集まったようですが、次回はどうなるのか全くの未定。

中開帳は令和25年(2043)。

 

観れた人はラッキー!

 

< 参考文献・サイト >

鴨川市のお祭りは特色豊か

鴨川市はシーワールドやサーフィンといった海のイメージがとっても強い市です。

 

でも、実は歴史あるお寺や神社が乱立する宗教都市でもあります。

 

この辺りで有名な歴上の有名人といえば、日蓮宗の開祖「日蓮(にちれん)」。

 

鎌倉時代に入り日蓮が寺院を数多く建てたことから、このころから大きく発展して行きました。

寺院はもちろん、同じころに「房総の伊勢神宮」といわれる天津神明宮も建てらます。

 

そして江戸時代に入ると、葛飾北斎に影響を与えたとされる「波の伊八」により寺社彫刻をはじめ、お祭りの神輿や山車なども華麗なものが増えて行きます。

 

だから、鴨川市をちょっと歩くと歴史あるお寺があり、さらにはそこにすごい龍の彫刻の彫物があったりして、驚く事ばかり。

 

お祭りも江戸時代に神田祭に出祭していたものなどがあったり、歴史を感じることが出来るものです。

 

鴨川市のお祭りはそれぞれとても特色豊かのものばかり。

シーワールドや海水浴に来たら、お祭りも見に行ってください~

 

 

以上「おらがまち」まちこでした。