おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

餅神輿に弟橘媛の神社、式年遷宮のお祭り?鴨川の市街地の祭礼はおもしろいものがたくさん!

鴨川の祭礼について

鴨川市には多くの祭礼があります。

旧天津小湊町と合併し、さらに数が増えています。

 

合併することは市の財政をとりあえず潤すことになりますが、こうした文化の面は後手にされることが多いのが現状です。

 

休止中の地区、担ぎ手曳き手がなく縮小してしまっている地区を市が全て把握するのはとても大変なことだと理解しています。

 

記載されているのは鴨川市の祭礼を集めたものです。

大きな祭礼は個別のページを用意していますので、カテゴリーから鴨川市を選択してください。

それ以外の合同祭などを行わない地区など、単独で例祭を行っている神社などをこちらには掲載しています。

 

情報があまりないものも多いため、現在復活していたり、完全に廃止されてしまったりしているものもあるかと思いますが、何か情報をお持ちの方は是非教えて頂けると大変助かります。

残された山車や屋台、神輿など価値のあるものも多いと思います。

備忘録としてこちらのページに残して行きたいと思います。

是非ご協力をお願い致します。

詳細不明地区について

管理人の勉強不足の為、よくわかっていない祭礼や詳細不明地区も多数あります。

山車の情報などが不明ですが、こちらのページに載せました。

 

では早速、鴨川市の祭礼についてご紹介したい思います!

山車・神輿等をご紹介

東条祭礼(須賀神社例祭)

例祭日:7月第1土曜日(前は7月7日)

鎮守:須賀神社

祭礼詳細:須賀神社を中心に行われる祭礼で、広場の待崎で行われます。

当日は屋台と子供神輿が出祭し、大人神輿は須賀神社拝殿に飾られます。

祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)・罔象女神(みずはめのかみ)=水神・源義家=で、合祀神社になります。

 

ちなみに待崎待崎(まっさき)は、鴨川市広場の須賀神社周辺地区です。

 

屋台を所有します。

後藤喜三郎橘義信による彫刻で、大正4年に製作されました。

主基祭礼

例祭日:10月第2土・日

鎮守:各地区にて

祭礼詳細:統一行動や集合場所など、管理人べ勉強不足のため祭礼の詳細はよくわからないことが多いです。

 

主基祭礼が行われる地区には、明治天皇の即位後最初の新嘗祭(にいなめさい)(※毎年宮中で行われるお米の収穫祭)に選ばれた斎田があります。

成川(加茂神社)

成川(なりがわ)は主基交差点の北側広範囲の地区になります。

村社である加茂神社を祀ります。

 

屋台が出祭。

太田五良平藤原政信の彫刻で、明治28年に製作されました。

広田(?神社)

広田は主基のどのあたりで、どの神社を祀っているのかわかりません。

 

主基祭礼では屋台が出ます。

昭和63年に青年で製作したものと聞いています。

南小町(奥野神社)

南小町は長狭街道を挟んで、成川と丁度反対側になります。

奥野神社を祀り、主基祭礼には山車が出祭します。

 

山車には大黒天が乗り、囃子台の上に注連縄を飾る珍しものです。

平成2年に田村一郎・田村秀夫が製作しました。

リンク鴨川西条花房も注連縄

太海祭礼

例祭日:7月第4土日

鎮守:各地区にて

浜(津嶋神社)

浜波太とも。

仁右衛門島などを含む海っペリの地区です。

津嶋神社を鎮守とします。

 

まんま津嶋神社と受け取れば、御祭神は須佐之男命かな?御船の津嶋丸が出祭します。

後藤滝治義光による彫刻で、昭和3年に江沢栄次郎・竹次郎親子が製作しました

岡(香指神社(かざしじんじゃ))

岡波太とも。

太海駅を中心に北に広い地区になります。

香指神社を祀ります。

祭神は弟橘媛(おとたちばなひめ)で、この神を祭神にするのは千葉県が中心。

 

屋台と神輿が出祭します。

屋台は後藤滝治義光による彫刻で、大正に製作されたものと言われています。

 

以前は人形つきの万灯で出祭していたそうですが、こちらは廃絶しているようです。

神輿は江戸期に製作された大変古いものです。

北辰神社例祭

例祭日:10月1日

鎮守:北辰神社

祭礼詳細:北小町は主基地区に含まれますが、北辰神社例祭として単独で祭礼を行っています。

調査不足の為、神輿や山車の情報は現在ありません。

熊野神社例祭

例祭日:10月第2月曜日(体育の日)

鎮守:熊野神社

祭礼詳細:四方木(よもぎ)は奥清澄と言われる清澄山の裏手の地区です。

熊野神社で行われる例祭で、「餅神輿」なる大変珍しい神輿が出祭します。

 

竹籠に餅をつめた神輿で、昔は地区内を練り歩いたそうですが、今は集会所で担がれるだけとなっています。

小湊祭礼

例祭日:7月23・24日

鎮守:各地区にて

祭礼詳細:小湊神社・八雲神社・若宮八幡神社・吾妻神社・大萩神社・大山祇神社の合同祭のようですが、大荻・西田町の参加地区以外の詳細は調査不足の為不明です。

神輿3基と囃子屋台2台が出祭するようです。

天富神社例祭

例祭日:4月22日

鎮守:天富神社

祭礼詳細:清澄地区の祭礼です。天富神社は創建年代等はわかっていませんが、安房開拓史の天富命(あめのとみのみこと)を祀っていることからそれに由来した神社のようですが、他の祭神も祀られていることから合祀神社です。

神仏習合により清澄寺と密接な関係を持っていたそうです。

浜荻祭礼

例祭日:8月上旬(以前は7月31~8月2日)

鎮守:貴船神社

祭礼詳細:東町(恵車)・仲町(宮本)・西町の合同祭です。万燈と宮神輿が出祭しますが、詳細は調査不足でよくわかりません。

住吉神社例祭

例祭日:9月29日

鎮守:住吉神社

祭礼詳細:旧天津小湊町の実入(天津から内浦までの実入バイパスの周辺)の例祭ですが、調査不足の為諸々不明です。

天津神明宮例祭

例祭日:10月15・16日

鎮守:天津神明宮

祭礼詳細:屋台が出祭するようですが、詳細はわかりません。20年に1度式年遷宮(鳥居の建て替え)が行われます。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain天津神明宮の式年遷宮

www.oragamati.com

参考文献・サイト

  •  各地区の皆様!!!