おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

担ぎ屋台を少人数で維持する粋な地区。鋸南町東の鋸東のお祭り!

鋸南町にはの町域の割に多くの祭礼があります。

 

他の市町村が合併している中で町として存続しているところでもあり、祭礼の維持はとても困難を極めているかと思います。

しかし、こうした中でも観光面にとても力を入れており、さらに区域の方々の祭礼の維持への尽力はとても感服します。 

 

記載されているのは鋸南町の祭礼を集めたものです。

 

大きな祭礼は個別のページを用意していますので、カテゴリーから鋸南町を選択してください。

それ以外の地区で例祭を行っている神社などをこちらには掲載しています。

 

情報があまりないものも多いため、祭礼の現状に変更があったりしているものもあるかと思いますが、何か情報をお持ちの方は教えて頂けると大変助かります。

残された山車や屋台、神輿など価値のあるものも多いと思います。

備忘録としてこちらのページに残して行きたいと思います。

ご協力をお願い致します。

 

それでは鋸南町各地区の祭礼についてご紹介します!

山車・神輿等をご紹介

鋸東祭礼

例祭日:9月第2土曜

鎮守:各地区にて

祭礼詳細:以前は3地区合同祭だったようですが、現在は市井原と小保田の2地区で行っています。

鋸東地区公民館で2区の屋台を見ることが出来ます。

市井原(八幡神社)

市井原は長狭街道を挟んで、水谷水仙郷から鴨川市よりの地区になります。

鋸東地区としては丁度真ん中です。

江戸時代創建の八幡神社を鎮守とします。

 

担ぎ屋台を大・小所有していますが、例祭日には子供屋台のみを出祭させています。

また、例祭日前日には獅子舞・神楽舞が奉納されることでも知られています。

 

由縁等は不明ですが、獅子頭に安永3年(1774年)と墨書があることからそれ以前から継承されているようです。

小保田(安岡神社)

小保田は鋸東地区の3地区並びの西の地区です。

安岡神社を祀ります。

祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)で、江戸時代創建の神社。

 

担ぎ屋台を大・小持ち、祭礼時には両方出祭させます。

一時祭礼が出来ない時期もありましたが、20年くらい前に復活しました。

両屋台とも後藤滝治義光が彫刻しています。

横根(大山祇神社)

横根は鋸東ではもっとも東で鴨川市に隣接する地区になります。

江戸時代創立の大山祇神社を祀ります。

 

残念な事に現在祭礼には参加していないようです。

神輿や山車の情報はありません。

奥山祭礼

例祭日:9月23日

鎮守:奥山神社(祭神:天照大神)

祭礼詳細:鋸南町の南東の山間の地区で、南に南房総市、東に鴨川市を隣接します。

担ぎ屋台を大・小所有します。

 

以前のものは明治期に地元大工が製作したそうですが、川に転落し破損してしましました。

そのため大正木後半製作の平群の吉井の屋台を昭和10年頃に購入。

平成元年頃に大改修を行っています。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain平群の吉井

大崩祭礼

例祭日:9月2日

鎮守:天形星八雲神社(祭神:素戔鳴尊)

平安時代創建の歴史ある神社です。

祭礼詳細:大崩は長狭街道から南に入った、鴨川市と隣接する地区です。

担ぎ屋台を出祭させます。

 

子供担ぎ屋台は下台が老朽化し廃棄、他部材は梁上に解体して保存しているそうです。

大六祭礼

例祭日:10月第2日曜

鎮守:大六神社(祭神:素戔鳴尊)

祭礼詳細:大六は鋸南町の海側、大六海水浴場で知られるところです。

大杉様の屋台が出祭し、初代・後藤義徳、2代・後藤義徳の彫刻を見ることが出来ます。

 

< 参考文献・サイト >

  • 各地区の皆様!!! 
  • 鋸南町史