おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

南房総のお祭りは危機!お祭りやるには氏子になるしかない?~大井・石堂・珠師ヶ谷祭礼~

スポンサートリンク

こんにちは。

弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。

 

南房総市にはとかくたくさんの祭礼があります。

 

でも、過疎化の影響ってのはすごいもので、お祭りを休止したり、担ぎ手不足で縮小したりする地区も多いです。

 

南房総のお祭りに興味を持ってくれても、外の地区の人たちは他の地区のお祭りに参加することは出来ません。

 

南房総のお祭りのスタンスは、氏子の祭りというものを守っているからです。

 

どうしても山車を曳きたい?神輿を担ぎたい?

もし本当にそう考えているなら、その地区の氏子になるしかありません。

 

東京の大きなお祭りのように登録して参加できるお祭りは、現在館山市にも南房総市にも鴨川市にも鋸南町にもありません。

 

氏子同士のつながりがとっても深い地域です。

いわゆる田舎づきあいが大変な地域といえばそれまでで、閉鎖的ともいわれます。

 

でもだからこそ南房総のお祭りは現在の数を維持してきているともいえます。

 

今回は南房総市旧丸山町にあるお祭りを集めてみました。

早速詳細を記載していきます!

 

※このページに記載されているのは南房総市旧丸山町の祭礼を集めたものです。

現在復活していたり、廃止されてしまったりしているものもあるかと思いますが、備忘録としてこちらのページに残しています。

どんな神輿があるの?

大井祭礼(大井神社例祭)

例祭日:10月第2日曜

鎮守:大井神社

祭礼詳細:午後に神輿が各地区の集会所を回ります。神輿の数などは勉強不足の為わかっていません。

屋台を所有しています。

現在は休止中。

屋台は館山市亀ヶ原より購入したと言われています。

五反目

屋台休止。

現在は花火を受け持っているそうです。 

屋台現在は休止中。

屋台自体は廃絶してしまっているようです。

茂沢

人形屋台を持っています。

山田?から譲り受けたものですが、現在は休止中です。

平成16年10月10日の丸山町生誕50周年祭に出祭しています。

本西(本郷+西谷)

屋台現在は休止中です。

屋台は廃絶してしまっています。

神輿(大人・子供)を出祭させています。

入宇田

詳細不明

細田

詳細不明

石堂祭礼

例祭日:10月27日

鎮守:諏訪神社

祭礼詳細:諏訪神社の境内に集合し、お囃子の競演があります。

枝郷

屋台があったそうですが、戦後は5戸だけしか家がなく、屋台曳き回しが困難となり御子神へ譲渡したと言われています。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain御子神(みこがみ)

郷都(ごうと)

屋台を持っています。

屋台屋根部に飾る花の飾り方がとても特徴的です。

館山の亀ヶ原から譲り受けたものと聞いています。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain亀ヶ原

本郷

屋台を所有しています。

屋根上部に飾る花が特徴的な屋台です。

昭和初期に地元大工の石井由蔵が製作し、平成16年に改修がされています。

八幡神社例祭

祭礼日:7月第2土曜

鎮守:八幡神社

祭礼詳細:石堂寺裏手で細長い地区で、珠師ヶ谷。

珠師ヶ谷は「しゅしがやつ」と読みます。

鎮守の八幡神社は社伝によると万寿2年(1025)創建。

 

出祭する神輿は、八幡神社の北にある八雲神社のもので、明治時代に作られました。

傷みもあり、現在例祭日に社殿に奉安するのみです。

 

< 参考文献・サイト >

  •  各地区の皆様!!! 
  • 房総の神輿―上総・下総・安房篇

なぜ氏子でないとお祭りはできない?

これはいたって簡単。

それは「お祭り」の役目がその神社の氏子の結束力を高めるための行事だからです。

 

だから、もし誰かこの「おらがまち」の南房総のお祭りページをみて、「俺もここの地区の神輿を担ぎたい!」と思ったら、氏子になるしかありません。

 

そして新参者の覚悟をしつつ、地区の青年会に入るしか方法はないです。

 

引っ越してきて氏子になるか、氏子の誰かと結婚するか、身内になる以外にないです。

 

多分、全国どこお祭りでも氏子だけが参加するというのが基本。

 

え?

それでも山車を曳き回したい?

 

それはもうあなたの努力次第。

 

 

以上「おらがまち」まちこでした。