おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

石堂寺や莫越山神社もある歴史ある町、宮下祭礼。莫越山神社の論社はどうなっているの?

宮下祭礼について

宮下地区は南房総市旧丸山町にあり、嶺岡山系の一角に位置する地区です。

 

宮下の祭礼と一括りにしてはいますが、宮下地区、丸本郷地区、川谷地区が同日に一斉に祭礼を行います。

 

旧丸山町自体は南北に海から山へ細長い町で、そこにある特徴も宮下地区のように農村の風景に囲まれていたり、嶺岡の酪農と縁が深かったり、太平洋沿いの海はサーファーなどが集う観光資源などもたくさんあるところです。

 

また、全国でも珍しい酒造の免許を所持する沓見の莫越山神社(なこしやまじんじゃ)や国の重要文化財多宝塔を持つ石堂寺など、歴史ある寺社が多く在する旧町でもあります。

宮下は今でこそ静かな農村地区となっていますが、かつては条里制(土地を区画整備すること)もしかれ、周辺には古墳群もあり、古代より栄えた地でした。

 

祭礼の中で屋台の曳き回しとともに区内を歩くと、区画されいてることがよくわかると思います。

 

昔の情景に思いを馳せながら宮下祭礼を見てみてくださいね!

詳細情報

毎年10月10日前後の連休土日に宮下・丸本郷・川谷地区で開催される合同祭です。

この時期は「とおかまち」と呼ばれており、宮下以外でも各地で祭礼が行われます。

ちょっと進めば祭礼が行われ、房総一帯がお祭りで賑わいます。

 

情報があまりないので、一斉に合同したり集合したりするかはわかりません。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけると大変ありがたいです。


宮下祭礼の参加地区は、丸本郷大畑、丸本郷上、宮下畑、宮下西根、宮下才開、宮下中、宮下吉野、宮下根方、川谷犬切、川谷鯨岡、川谷仲(川仲)、御子神の12地区と認識しています。

 

が、丸山の祭礼の区域がよくわかっていない事が多く、このうち丸本郷大畑、丸本郷上、川谷仲、川谷鯨岡、宮下中、宮下根方、御子神、宮下吉野の8地区を下記に掲載します。

山車・神輿等をご紹介

川仲(水神社)

川仲は川谷の仲になるそうですが、詳細な場所はわかりません。

水神社を祀っています。

 

人形屋台を持っています。

現在のものは昭和60年頃に製作されました。

先代は昭和22年頃のもので鴨川の主基へ譲ったそうです。

鯨岡(山神社)

鯨岡は安房中央ダムの南、丸山川沿いに開けた地区になります。

山神社を祀ります。

 

人形屋台を所有し、現在のは昭和7年頃に製作されたもので2台目となるそうです。

中(宮下莫越山神社)

中は宮下莫越山神社を祀り、その周辺地区となります。

 

宮造り屋台というちょっと面白い形の屋台を所有します。

後藤滝治義光による彫刻が彫られ、現在のものは2台目です。

宮下地区の才開から昭和62年、譲り受けたものです。

先代は曳き屋台で、昭和7年頃に製作されたと言われています。

 

中の宮下莫越山神社は、旧同町沓見の莫越山神社と御祭神も同じで由来も同じとしますが、安房国司祭に神輿を出御させお神酒を酒造するのも沓見の莫越山神社なので、そちらが延喜式(平安時代中期に作られた法律を補う法令集みたいなもの)に記された神社という説が現在有力とされています。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain論社について

www.oragamati.com

www.oragamati.com

根方(?神社)

根方は宮下莫越山神社のすぐ裏手にある地区です。

鎮守はどこになるのかわかりません。

 

人形屋台を所有していますが、調査不足の為詳細は不明です。

御子神(王子神社)

御子神は安房中央ダムの西側になります。

王子神社を祀っています。

 

人形屋台を持っていて、現在のものは2台目です。

先代は担ぎ屋台であったと聞いています。

吉野(?神社)

吉野は御子神のすぐ南側の地区です。

鎮座する神社などはわかりません。

 

人形屋台が宮下祭礼では出祭します。

上(丸郷神社(諏訪神社))

上は宮下の南、丸本郷地区になります。

鎮守は丸郷神社です。

 

後藤喜三郎橘義信による人形屋台があり、亀ヶ原から購入したものと言われています。

製作年は明治25年とも。

一時祭礼を休止していましたが、昭和56年から再開し出祭するようになりました。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain亀ヶ原の祭礼

www.oragamati.com

大畑(丸郷神社(諏訪神社))

大畑も上同様丸本郷地区になります。

丸郷神社を祀りますが、現在祭礼には出祭していません。

 

屋台を所有していましたが、部材の一部を残し廃絶しています。

まちこ豆知識

enigisiki-sikinaisya

延喜式の式内社から見る「論社」

なんか難しい表題になっとりますが、「論社」ってのは、ようは「同じ名前・同じ御祭神・同じような地区に同じ神社があるけどどっちが本筋なのかわからん。」と論ずる神社のことです。

 

基準になるのは「延喜式神名帳 式内社」になるのですが、これ平安時代中期に記されたいわば法律を補完するために出された細かい決まり事です。

 

法律関係ならわかりますが、なんで神社がそんなところに記載されてるのかというと、古来神社は神事などが行われる場所、つまり政治の担い手となるものだったからです。

中央(昔は畿内)ですら、国家行事として重んじていたのだから地方ならその力たるやすごいものでした。

 

この式内社に名前が載っているってことは、その神社にとってステータスみたいなものが付くのでこぞって論じられる訳です。

 

宮下にも「論社」ありますよね。

莫越山神社です。

 

旧丸山町には沓見にも同名の莫越山神社が存在します。

 

房総にはこのほかにも、洲宮神社(館山市洲宮)と洲崎神社(館山市洲崎)、下立松原神社(南房総市旧白浜町)と下立松原神社(南房総市旧千倉町)が挙げられます。

 

いずれも結論には至らず、こっちじゃないかな~って感じでうやむやに現在に至っています。

 

そもそも1000年以上何事もなく続く神社ってのは稀で、神社内で喧嘩別れして分霊したり、地域の住民のお願いで移動したり、理由は色々あると思います。

 

通説としては、大体二社論社があると「本社」と「奥宮」としてあることが多いように感じられます。

 

もしかしたら式内社に列せられるくらいだから、遷宮とかやっていたかもしれません。

二か所あるってことは定期的に立て替えが行われていたのかも、そんな推測だって出来ます。

 

縁起も同じで御祭神も同じならば、それぞれ全く関係ない神社なわけはないはずで、しかも立地が近いのならば尚の事、どっちが本当でどっちが違うとか論争するのもまずおかしいかと思います。

 

ちなみに明治時代に入ってからも一度神社の格付けが行われています。

「近代社格制度」といいます。

 

これはもう明治政府の思惑たっぷりのランク付けです。

では、「延喜式神名帳 式内社」は純然たる信仰のたまものなのかというと、そうでもありません。

これも平安時代の僧侶とか政治家とかの利害が色濃く見られ、すでに存在していたけれど記載がない「式外社(しきげしゃ)」なんてのもあります。

 

なんで載せてないのかって?

そりゃ、当時のお偉い方々に載せて欲しくない事情があったんです。

 

こんな風に社格なんてのは結構いい加減なもので、平安時代に書かれているから!とか安易な考えでくくっていくと本来の神社の形は見えなくなると思います。

 

ただし延喜式から見る社格からは、そこの神社が中央政府にとって重要な地であったという証になるので、莫越山神社には中央とのつながりのある有力な神社であったのは間違いありません。

 

個人的には、論社になっている神社たちのランク付けが気になる、優位が気になる、ってことは全然なくて、どうして2つに分かれたのか、どうしてそこにあるのか、そういった由来の方が気になって仕方ありません。

 

きっと莫越山神社にも様々な理由があり今の形になったのだと思います。

資料や伝記、何かしらの痕跡が残されていればこのモヤモヤが解決できるのに!

でも、きっとこのモヤモヤをモヤモヤさせているのが一番歴史を考える上で楽しい過程なのかもしれませんね。

 

みなさんも、是非二つの莫越山神社を見に行って思いにふけってくださいね!

参考文献・サイト

  •  各地区の皆様!!!