おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

補陀落山那古寺の御膝元「寺赤」。館山市指定の文化財の山車は絢爛豪華。

こんにちは。

弱小文化財応援サイト「おらがまち」まちこです。

 

今回は補陀落山那古寺を中心としたのお寺の祭礼、館山市「那古の祭礼」についてです。

その中でも館山市の市有形文化財に指定されている「寺赤」の山車をご紹介します。

 

それでは早速!

補陀落山那古寺

hudarakusannagoji

まずは、祭礼の中心となる補陀落山那古寺について簡単にご紹介。

坂東三十三観音の札所で結願寺(最後の札所のこと)として知られ、年間を通してたくさんの参拝客が訪れます。

那古の祭礼は、この那古寺の「縁日」に開催されている祭礼です。

縁起等について

奈良時代の僧侶:行基が養老元年(717)に創建されたと伝わります。

那古の海より出現した香木に千手観音を彫り、病気平癒を祈願したことが始まりとされます。

 

とはいえ、行基の本拠地は大阪~奈良を中心とした近畿なので、こちらはあくまでも伝承という形です。

 

でも行基が創建したお寺は全国各地にあります。

なぜこのような伝承がのこされたかというと、「行基図」というものがあるから。

 

江戸時代に日本地図を製作した伊能忠敬(いのうただたか)以前は「行基図」が日本地図の主流で、これをもとに日本地図は展開していました。

行基が全国を行脚して作られたという伝説の地図ですが、こちらもあくまでも伝説で「行基図」は後世にその伝説をもとに由来がついたといわれています。

 

さらに行基は古代の仏教の大功労者でもあり、これらの伝承や記録などから各地の寺院の創建者という立ち位置が多いようです。

 

その後慈覚大師(794~864)が那古寺を中興*1させます。

那古寺の最初の規模はそれほど大きなものではなかったようで、これ以前は「原型」となる小規模なものであったと考えられています。

 

現:七堂伽藍(しちどうがらん:本堂・三重塔・閻魔堂・鐘楼・地蔵堂・阿弥陀堂・仁王門)になったのは鎌倉時代に入ってからといわれます。

秀圓上人(1199~1209)が真言密教の道場として「補陀落山千手院」を立ち上げ、今の那古寺が出来上がりました。

 

大変よいことに那古寺関連の資料はとっても豊富。

境内の絵図や、仏像の墨書、建物の棟札などたくさん残されています。

 

その中でも「補陀落山那古寺縁起」は秀圓上人の弟子の頼覚が、師匠の史書を書き直した歴史的にも価値のある資料でもあります。

 

里見氏や徳川氏の崇敬を受け、安房の国の総社(現:鶴谷八幡宮)の別当寺(神社を管理するお寺)としても活躍する那古寺は、南房総でも大きな力を持った寺院でした。

とくに明治維新に入るまで鶴谷八幡宮に多大な影響を与え、現在も続くやわたんまち(安房国司祭)は仏教式の強い祭礼であったといわれています。

 

国や県・市の指定文化財が多く残されていており、鎌倉時代に製作された銅造千手観音立像(像高105cm)は国の重要文化財です。

寺赤の鎮守

那古寺の御膝元である寺赤は、那古寺の境内にある「閼伽井弁天(あかいべんてん)」を鎮守としています。

また、那古寺本堂すぐそばにある日枝神社も同那古地区の宿・柴崎とともにかつては村社と崇敬されていました。

閼伽井弁天

御祭神は「弁財天如(べんざいてんにょ)」。

「那古村誌」によると創建は不明となっていますが、寺赤の町内会によると那古の官能堂が再建された時、伊勢屋甚右衛門(現:伊勢屋金物店)が伊豆石を運び井戸の石組を造り、その水を奉納したのがはじまりといわれています。

 

仏様にお供えする水がある井戸のことを「閼伽井(あかい)」といい、そこから名をとり弁財天を祀りお社を建てたようです。

日枝神社

御祭神は「大山咋命(おおやまくいのみこと)」。

 

日枝神社はもとは天台宗比叡山延暦寺の守り神として最澄が祀った神社です。

かつては山王権現、山王宮などといわれていたものを、明治維新の神仏分離により一斉に日枝神社と改称しました。

 

現在那古寺は真言宗ですが、こちらの日枝神社しかり、中興の祖:慈覚大師(円仁)しかり、もともとは天台宗系の寺院であったようです。

 

創建は仁寿三年(853)とされますが、現在の狛犬や燈籠などは江戸時代になって奉納されたものです。

那古地区祭礼

nagosairei

むかしは「那古の七祭(ななまち)」として、那古地区の各々の神社で祭礼が行われていました。

 

やがて山車が作られようになると、同那古の東藤と柴崎が鶴谷八幡宮に山車をともない参拝するようになります。

その後大芝、浜、寺赤、宿が順次山車を製作し、この行事に参加します。

 

那古地区の祭礼は、同那古地区の東藤に多数の資料が残されています。

年番の順序や世話役たちによる協議会などが記載され、明治時代の祭礼の様子を知る貴重な史料でもあります。

 

それまでバラバラだった那古地区の各祭礼を那古寺の祭礼に合わせて行うようになった経緯も記され、さらに7月17・18・19日に日を改めた理由も書かれています。

 

那古寺の本尊でもある「千手千眼観自在菩薩(千手観音)」の縁日が18日で、これに合わせて変更したようで、この祭礼のかたちになったのは明治に入ってからと記されています。

 

ちなみに「縁日(えんにち)」=「お祭り」と連想されますが、これは神社やお寺の祭神などの誕生日や降臨した日など、仏や神様に縁(ゆかり)のある日のことをいいます。

 

その日にお参りすると、普段以上のご利益が得られるとされていて、那古の人たちもこれを思ってその日に変更したようです。


つい最近まで祭礼日は7月17、18日としていましたが、昨今の曳手不足などにより7月の中旬土日に開催が変更されています。

毎年周辺の祭礼事情によって多少の前後がありますので、詳細は館山の観光協会などに問い合わせるといいです。

寺赤の山車の特徴

teraaka-syoumen

造立は明治32年(1899)と伝えれます。

後醍醐天皇の人形は幕とともに明治43年(1910)作ですが、製作者は不明。

 

幕には江戸時代後期の技法(立体・遠近)がなされている特徴的なものです。

100年近く経っていたため、平成13年9月に改修され美しい姿を取り戻しています。

 

山車全体が「太平記」を表現しており、人形も「後醍醐天皇」幕は「楠正成」と各名場面を見ることが出来ます。

技法や全体の山車の彫刻などのバランスが大変優れていることから、 2003年に館山市の指定有形民俗文化財に指定されています。

 

彫刻師は後藤利兵衛橘義光晩年の最高傑作ともいわれ、山車全体にほぼ彫刻が施されています。

彫刻詳細

teraaka-usirosokumen

後ろ側面

teraaka-mausiro

後ろ側面

teraaka-tyoukoku1

上部彫刻 

teraaka-tyoukoku2

下方彫刻

teraaka-sokumen

側面

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain那古寺の祭礼

参考文献・サイト

  • 那古史(平成19年:那古史編纂委員会)
  • 館山市役所ホームページ
  • 南房総花海街道

*1:一度途絶えていたものを再び復興させること