おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

旧富浦町は実は古代からの歴史が名前に残る地です。八束祭礼を見に来ませんか?

旧富浦町の祭礼について

現在南房総市として合併されその一部となってしまっていますが、旧富浦町には多くの祭礼が現在も残されています。

 

とかく南房総市は領域が広く、様々な祭礼の情報が多く混在します。

記載漏れや、祭礼自体を見落としてしまっているかもしれませんが、手元にある資料からまずは記載して行きます。

 

ここのページは旧富浦町の祭礼を集めたものです。

 

大きな祭礼は個別のページを用意していますので、カテゴリーから南房総市を選択してください。

それ以外の地区で単独で例祭を行っている神社や、情報不足の祭礼などをこちらに掲載しています。

 

情報があまりないものも多いため、祭礼の現状に変更があったりしているものもあるかと思いますが、何か情報をお持ちの方は是非教えて頂けると大変助かります。

残された山車や屋台、神輿など価値のあるものも多いと思います。

備忘録としてこちらのページに残して行きたいと思います。

是非ご協力をお願い致します。

 

それでは旧富浦町の各地区の祭礼をご紹介します!

山車・神輿等をご紹介

八束祭礼

例祭日:10月第3土曜

鎮守:各地区にて

祭礼詳細:各地区の屋台には神楽櫃として獅子頭が乗せられているものもあるようです。

勉強不足の為詳細についてはわかりません。

大津(熊野神社)

大津は道の駅おおつの里花倶楽部あたりから道すがら山間にかけて伸びる細長い地区です。

熊野神社を祀ります。

担ぎ屋台を持っていて、彫刻は後藤滝治義光によるものです。

鶴鳴(手取+居倉)(聖真名子神社・山宮神社)

鶴鳴は手取と居倉の合同の会で、道の駅おおつの里花倶楽部の道沿い左側を山間に並んだ地区です。

手取は聖真名子神社、居倉は山宮神社を祀ります。

両地区で担ぎ屋台を出祭させます。

 

ちなみに聖真名子神社(ひじりまなこじんじゃ)は、千年以上前にこのあたりに拠点をおいた丹生氏の首長の名前から取ったと言われています。

当時は丹(朱)と水銀が採取出来たようで、マナコの首長は大金持ちだったとか。

この神社を参拝すると大金持ちになれるか。

 

ここら一帯にはその当時の名残の名前、「手取(てどり)」「谷堀(やつぼり)」「焼山(やきやま)」が残っていて大変面白いです。

丹生(廣田神社)

丹生は道の駅おおつの里花倶楽部と富津館山道路を挟んで丁度反対側の地区になります。

廣田神社を祀っています。

丹生地区祭礼として不定期に八束祭礼に出祭しているようです。

曳き屋台を所有しています。

宮本(宮本神社)

担ぎ屋台を持っていて、彫刻は伊八と聞いています。

福澤祭礼

例祭日:2月11日

鎮守:金氣神社(きんきじんじゃ)

祭礼詳細:南房総市の一番南で館山市と隣接し、館山バイパスあたりから山間にかけて広がる地区です。

金氣神社を祀ります。

祭神が須佐之男命(すさのおのみこと)なので、八坂神社系の神社です。

 

創建は養老2年(718年)とも言われる大変古い神社で、例祭は風(または風邪)を鎮める神様として近隣の信仰を集めています。

神輿が出祭します。

参考文献・サイト

  •  各地区の皆様!!!