おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

富浦の古代のロマンを体験。お金持ちになれるかもしれない神社などをご紹介。~八束・福澤・深名祭礼~

スポンサートリンク

こんにちは。

弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。

 

富浦はビワの町です。

もちろんそうですが、古代ロマンあふれる町でもあります。

 

1000年以上も前に存在した大金持ちの一族がいたり、お参りすれば風邪をひかなくなる神社などもあり、一風変わった神社がちらほらあります。

 

そんな神社たちも毎年お祭りをやってます。

お祭りはそんなご利益が倍になる日でもあるので、ご利益もらいたいなら行くしかない日。

 

 

それではそんな神社たちのお祭り、一体どんなものなのか。

各地区の祭礼をご紹介します!

  

※ここのページは旧富浦町の祭礼を集めたものです。

管理人まちこの備忘録ページとしていますので、不明情報もあります。

予めご了承ください。

お金持ち神社に風邪ひかない神社?

八束祭礼

例祭日:10月第3土曜

鎮守:各地区にて

祭礼詳細:各地区の屋台には神楽櫃として獅子頭が乗せられているものもあるようです。

勉強不足の為詳細についてはわかりません。

大津(熊野神社)

大津は道の駅おおつの里花倶楽部あたりから道すがら山間にかけて伸びる細長い地区です。

熊野神社を祀ります。

担ぎ屋台を持っていて、彫刻は後藤滝治義光によるものです。

鶴鳴(手取+居倉)(聖真名子神社・山宮神社)

鶴鳴は手取と居倉の合同の会で、道の駅おおつの里花倶楽部の道沿い左側を山間に並んだ地区です。

手取は聖真名子神社、居倉は山宮神社を祀ります。

両地区で担ぎ屋台を出祭させます。

 

ちなみに聖真名子神社(ひじりまなこじんじゃ)は、千年以上前にこのあたりに拠点をおいた丹生氏の首長の名前から取ったと言われています。

当時は丹(朱)と水銀が採取出来たようで、マナコの首長は大金持ちだったとか。

この神社を参拝すると大金持ちになれるとか。

 

ここら一帯にはその当時の名残の名前、「手取(てどり)」「谷堀(やつぼり)」「焼山(やきやま)」が残っていて大変面白いです。

丹生(廣田神社)

丹生は道の駅おおつの里花倶楽部と富津館山道路を挟んで丁度反対側の地区になります。

廣田神社を祀っています。

丹生地区祭礼として不定期に八束祭礼に出祭しているようです。

曳き屋台を所有しています。

宮本(宮本神社)

担ぎ屋台を持っていて、彫刻は伊八と聞いています。

福澤祭礼

例祭日:2月11日

鎮守:金氣神社(きんきじんじゃ)

祭礼詳細:南房総市の一番南で館山市と隣接し、館山バイパスあたりから山間にかけて広がる地区です。

金氣神社を祀ります。

祭神が須佐之男命(すさのおのみこと)なので、八坂神社系の神社です。

 

創建は養老2年(718年)とも言われる大変古い神社で、例祭は風(または風邪)を鎮める神様として近隣の信仰を集めています。

黒塗り宝珠の神輿が出祭します。

昭和40年頃まで「浜おり」が行われ、船渡御や「御浜出」もあったそうです。

八坂神社例祭

例祭日:10月中旬土曜日

鎮守:八坂神社

祭礼詳細:深名。富津館山道路沿いから館山市船形に至るまでの細長い地区です。

富津館山道路降口近くに八坂神社を祀ります。

創建は白鳳2年(650~654)と伝わりますが、詳細は不明。

この辺りは古代より水銀や朱が採れたことがわかっているので、八坂神社ではないにせよ創建年代はあながち大きな差はないかもしれません。

 

神輿が出祭します。

昭和天皇の即位礼に際して作られた白木造りで、当時の様式を残しています。

 

< 参考文献・サイト >

お祭りはご利益倍増の日

わたしたちは、御朱印をもらいに行ったりお願いごとをしたりと、神社やお寺にお参りに行くことがあります。

 

それはたまたま旅行に行った日であったり、意図せず行った日がほとんどだと思います。

 

でも、それはとってももったいない。

 

実は、神社やお寺の「お祭り」はこのご利益が倍増する日。

 

そもそも「お祭り」とは「縁日(えんにち)」といい、その神社やお寺の御祭神や仏様の誕生日や縁のある日のことをさします。

 

つまり「縁のある日」だから「縁日」になり、それがいまでは=「お祭り」となったというわけです。

 

この「縁日」にお参りすると、普段のご利益や功徳の倍以上のものがもらえるとされ、大変良い日&めでたい日。

 

だから、そのめでたい良い日に神社やお祭りで一番大事な「お祭り」をやるんです。

 

ご利益や功徳を期待して、神社やお寺に来るのであれば、もうその日にお参りするしかないです。

 

南房総市富浦には、お金持ちになれるかもしれない神社もあります。

風邪を引かないようになる神社もあります。

 

お祭りのときに行くしかないです。

 

夏の南房総は、ご縁のある日がたくさんあります(=お祭りがたくさん)。

ご利益たくさんもらいに来てください~

 

 

以上「おらがまち」まちこでした。