おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

担ぎ屋台が総出する一日。旧三芳村一帯が秋祭り一色に染まります!

三芳の秋祭りについて

今は南房総市一部ですが、旧三芳村の山間で行われる祭礼です。

 

温暖な房総半島にありながら内陸にあるため、涼しく冬には雪がよく降ります。

 

農業が盛んで、特にみかんなどの山間を利用するものや酪農なども多く見られるようになる地区でもあります。*1

 

縄文時代からの遺跡もありますが特に里見氏の城跡が有名で、滝田城跡は南総里見八犬伝の最初の舞台となることから、実際の史跡としても八犬伝の観光スポットとして知られています。

 

また、下滝田にある戦中の遺構であるロケット特攻機「桜花」の発射台もあります。

今はのどかな田園風景ですが、こんな身近に戦争の名残があるのかと思うとちょっとドキッとしますよね。

ちなみにここから「桜花」は一度も発射されなかったそうです。

 

南房総独特の担ぎ屋台も見られる秋の三芳の祭りは、普段は静かな山間の地区を提灯の明かりが灯る煌びやかな日へと変えてくれます。

詳細情報

三芳の秋祭りは、旧三芳村の市街地を抜け山間の地区の祭礼です。

 

毎年10月の第2土日に行われますが、その周辺区域も「十日祭(とおかまち)」と言われ秋の祭礼シーズンの時でもあります。


昔は千代にある皇神社を総社として明治頃まで祭礼の中心であったようですが、現在はそういった形の行事は残っていない様です。

各神社とも例祭日は夏が多いですが、秋祭りとして10月の十日祭として一同に開催されます。

 

また、その夏の例祭日に神輿や屋台などどういった形で行われているかは大変申し訳ありませんが調査不測です。

 

三芳の祭礼は地区の都合により祭礼日が違ったり祭礼を行わなかったりしますので南房総市に問い合わせるのが早いと思います。*2

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain三芳祭礼も要確認!

参加するのは、池之内、上滝田、大畑、下滝田、千代、中(中村)、山名の7地区です。

山車・神輿等をご紹介

池之内(熊野神社)

池之内(熊野神社)池之内は安房グリーンラインと千葉県道296号との交差点を囲むようにある地区です。

鎮守の熊野神社も交差点近くにあります。

 

明治までは神輿で参加していたそうですが、三芳の秋祭りでは屋台が出祭します。

現在のものは2台目で、昭和21年に地元の大工が製作しました。

 

後藤喜三郎橘義信の彫刻が彫られ、平成15年に屋根の改修が行われました。

以前の屋根は三芳の中村に譲ったそうです。

 

これと併せて、昭和25年に新たに神輿が作られ(地元大工作)出祭しています。

上滝田(白山神社)

上滝田は、滝田郵便局周辺の地です。

鎮守は白山神社。

創立は元応2年(1320)で、境内には武田石翁の手水石があります。

 

担ぎ屋台を所有しています。

後藤滝治義光による彫刻が見られます。

 

神輿は昭和3年制作され、重さ500kgと言われています。 

白木造りの神輿でしたが、現在は担ぎ手不足の為出御はしていないようです。

ただし2011年の「まほろば祭り」に出祭しています。

大畑(?神社)

大畑は上滝田の一部で、上滝田東側の地区になります。

小祭用担ぎ屋台があるそうですが、現在は休止中です。

 

上滝田の一部なので、鎮守は白山神社でしょうか?

下滝田(滝田神社)

下滝田は三芳の道の駅鄙の里から奥、の千葉県道88号線沿いの地区です。

滝田神社を祀ります。

もとは諏訪神社として寛永2年(1625)創立しましたが、明治41年八雲神社など他2社を合祀し現在の名前になりました。

 

後藤滝治義光による彫刻が彫られた担ぎ屋台を所有します。

また、明治初期に購入した神輿があります。

滝田神社に合祀した神社の内、八雲神社の神輿だったそうです。

 

神輿出祭の滝田神社の例祭日は7月9日(7月第2土曜)です。

千代(皇神社)

千代は三芳の道の駅鄙の里の裏手の地区になります。

鎮守は皇神社です。

 

明治以前は担ぎ屋台でしたが、その後明治初期に曳き屋台に改造し現在に至ります。

昭和59年頃に製作(彫刻は再利用)、昭和63年に館山のどこの地区か不明ですが、当初の屋台を小さくしたものを譲ったそうです。

 

明治初頭まで総社として、毎年8月に近隣の神社から獅子舞や神楽などがやって来ていたそうです。

明治維新後から中期まで4村(どこかは不明)の神輿渡御、その後上堀・三坂の神輿渡御、上滝田・下滝田・千代の屋台がやって来ていたそうですが、いずれも現在は行われていません。

中(中村)(駒形神社)

中は安房グリーンラインと千葉県道296号との交差点を更に進んだところ、池之内の先にあります。駒形神社を祀ります。

昭和22年に人形屋台を製作し、昭和50年代に改修が行われ今に至ります。

山名(八雲神社)

山名は旧三芳村と旧丸山町の境にあり、三芳の祭礼での地区では最も東の地区になります。

八雲神社が鎮座します。

 

明治27年に地元の宮大工により製作された神輿があり、こちらは子供神輿として出祭します。

大人神輿は明治39年頃に奉納。

昭和35年頃に両方ともに塗替えが行われています。

 

八雲神社の例祭日は7月15日です。

まちこ豆知識

三芳の山には魅力と歴史がいっぱい

上滝田を千葉県道258号線を更に進むと、増間(ますま)という地区になります。

 

この増間にある大日堂という山には増間の鎮守日枝神社(宝暦6年(1756))が祀られているのですが、ここで毎年3月1日に歩射神事(弓で的を射って豊作などの吉凶を占う)が執り行われます。

千葉県の無形民俗文化財にもしていされている貴重な神事で、由来記によると正元元年(1259)と伝えられています。

 

実はこの神事、日枝神社すぐ後ろの鹿島山に残されている伝承から始まったと言われているんです。

 

増間の人たちは奈良時代の初めに大飢饉にあった際、鹿島大明神から弓を授かり鳥獣を獲り飢えをしのいだと言われていて、その恩から鹿島山に鹿嶋明神を祀ったとされています。

 

鹿島明神は現在日枝神社の後ろに石碑を建て祀られ、御神的神事もここから始まったとも。

 

日枝神社も御祭神も大山咋神(おおやまくいのかみ)は五穀豊穣の神でもあることから、鹿島山の伝承と日枝神社の神威が相まって今の形になったのでしょう。

 

安房の開拓時代にも鹿が邪魔して大変だったよ。

という伝承が(特に代表で挙げられるのが下立松原神社のミカリ神事)あります。

三芳に限らず南房総では、昔から鳥獣に悩まされるぐらいその数が多かったようです。

 

イコールそれだけ自然豊かな地であったとも言えます。

白浜の滝口神社にも害獣駆除の歴史あり

今でも南房総はイノシシやサルが多くて困ってますよね。

 

猟友会の皆さんが頑張っていますが、若手がいなくて困っているらしいです。

千葉県では若手のハンターを育成するために猟銃取得相談も行っています。

 

試験内容は別にしても、保管や維持に関して猟銃はとても厳しいし&高価です。

警察も介入しますしね。

 

あとは罠の設置にも免許が必要ですから、なんだかんだめんどくさいです。*3

 

でも、若手の皆さん!

 

猟師目指すってのも一つの職業選択だと思いますよ。

 

あ、あとイノシシって食べた事ありますか?

いわゆるジビエって料理ですが、おいしいイノシシはめっちゃおいしいです。

 

鹿は寄生虫がいるから気をつけろと親父様に教わりました。

サルは臭くてくうもんじゃねぇとも。

一番はキジですかね。

ウサギはめっちゃ硬い。

 

ジビエ料理を提供してくれるお店も最近は増えましたので、ご興味がある方は食すべしです。

 

 

話しが飛んでしまいましたので戻ります。

 

三芳には大日山や鹿島山以外にも由来のある山がたくさんあります。

またダムや滝も多く、坊滝は御神的神事(おまとしんじ)の禊(身を清める水浴び)をする場所でもあります。

役行者の石造があることから、修験道も盛んな地域であったとも言われています。

 

どの山も初心者向きで、ハイキングコースなども整備されていたりします。

散策するには持って来いの地区ですよ。

 

秋の三芳の祭りを見ながら、三芳の山をハイキングなんてどうでしょう。

きっと秋の味覚を堪能しながら過ごせる良い日になるのではないかと思います。

参考文献・サイト

  •  各地区の皆様!!!
  • 房総の神輿―上総・下総・安房篇

*1:三芳の道の駅鄙の里には、三芳でとれた牛乳を利用したデザートを食べることが出来ますよ。アイスそんなに好きではありませんが、唯一1個全部食べられる一品。

*2:ただし、市がどこまで把握しているかは不明です。なんせ市の範囲が広く旧村町の合併に伴い情報&把握不足のようです。

*3:ちなみにまちこは猟銃所持試験は合格しました。実技テストは諸事情により結局受けなかった。ただ、この試験合格はもう無効になってると思います。変な資格ばっかり持ってます。さらに蛇足。弓道もやってました。飛び道具が好きなんです。