おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

捕鯨の町で行われる和田祭礼。漁船の必需品の大漁旗の由来について簡単に解説します。

和田祭礼について

和田の祭礼は、南房総市旧和田町のJR和田浦駅周辺で行われる祭礼です。

 

ここは鯨と縁の深い所で、関東で唯一の鯨の捕鯨基地があることから、鯨の関連施設がたくさんあります。

 

道の駅和田浦WA・O!では、シロナガスクジラの骨格標本などが展示してあったり(しかも外!)、鯨のコロッケなんかも食べれます。

 

また花の栽培も盛んで、道なりにビニールハウスが並びます。

 

鯨捕鯨を生業とする漁師町の荒々しさを持ちながら、祭礼では地区ごとに踊りも披露され、その粋を感じることが出来ます。

 

和田の祭礼に来た際は、是非道の駅によって和田の捕鯨や花の歴史なんかを感じてみて下さい!

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain昔は房総には他にも捕鯨の港があった!

www.oragamati.com

詳細情報

10月体育の日の三連休の土日に開催されます。

同日は旧和田町全域で祭礼が行われ、真浦区・上区・沼区を除いた全区の山車や神輿などが出祭します。


和田地区の祭礼では、道の駅和田浦WA・O!や和田浦駅に来ることもあります。

その年その年で祭礼実行委員会が行程を決めていますが、興味のある方は駅や道の駅にも足を運んでみて下さいね。

 

どの地区でも屋台や山車で行われる踊りは一見の価値ありです。

この時期は和田の町が大いににぎわいますので、二日をかけて色々な余興物をご覧になってくださいね!

 

参加地区は、小浦、仁我浦、柴、花園、和田の5地区です。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plainほかの和田の祭礼

www.oragamati.com

山車・神輿等をご紹介

小浦(?神社)

小浦は和田漁港のすぐ近くの地区です。

鎮守がなにかは調査不足の為不明です。

 

海沿いの地区なだけあって、御船の弁天丸が出祭します。

しかも、恵比寿人形が乗るという珍しい形の御船です。

昭和10年より前に、製作され後藤義孝の彫刻が彫られています。

柴(御霊神社)

柴は長者川より以西、川沿いに海から伸びる細長い地区です。

御霊神社を祀ります。

 

囃子屋台があり、後藤滝治義光による彫刻を見ることが出来ます。

昭和3年に作られたと言われています。

仁我浦(熊野神社)

仁我浦(にがうら)は、和田駅周辺の地区で山間に飛び地もありますが、中心はこちらになります。

熊野神社を祀っています。

 

囃子屋台を出祭させます。

花園(諏訪神社)

花園は海から、黒滝や花嫁街道で知られる山間までの細長い地区になります。

鎮守は諏訪神社です。

 

破風山車を所有し、人形を乗せます。

人形は誰なのか調査不足です。

現在の山車は昭和35年に製作され後藤喜三郎橘義信の彫刻が見られます。

和田(熊野神社・龍宮社)

和田は、和田海水浴場や和田漁港の周辺になります。

熊野神社と龍宮社を祀ります。

 

乙姫を乗せた山車を出祭させています。

彫刻は後藤喜三郎橘義信によるものです。

まちこ豆知識

maiwai

万祝(まいわい)を知っていますか?

長尾の祭礼とはすいません、関係ないのですが、道の駅和田浦WA・O!で思い出しました。

 

房総の祭礼(特に海側)に来ると、よく目につくのが大漁旗です。

山車や屋台に掲げられていますが、この大漁旗ってとっても色鮮やかな文字や絵が描かれていますよね。

 

実は現在のこうした大漁旗の形は、房総の「万祝(まいわい)」が起源であるといわれているんです。

 

和田祭礼の案内で紹介した道の駅和田浦WA・O!には、クジラ漁の「万祝」という長袢纏や万祝の鯨が展示されています。

すごく色鮮やかで、初めて見る人は「おお~」と思わず声をあげてしまうとか。

 

房総の人間なら名前こそ知らなくても、漁師のおじいちゃんが持ってるとか、代々受け継いでるとか、よく博物館とかに飾られてるやつでしょ?とか、結構身近にある存在なんですが、日本全国どれぐらい知名度があるのかは不明です。

 

でも多分見ればみんなわかると思います。

 

これです↓

よさこい 長半纏(bk73211)【男女兼用】祭り 法被 踊り 衣装 コスチューム 袢纏 踊り袢天 お祭りハッピ 半天 万祝 大漁

出典:amazon

「万祝」は漁師が大漁祝の時に引き出物として配ったものと言われ、長袢纏を色鮮やかに染め上げたものですが、どうですか?見た事ありますよね。

 

今や全国各地に広まっていますが、房総が発祥なんて知らないかもしれません。

 

万祝が全国の漁師さんの間で広まり、さらに大漁旗の起源となって、はては一世を風靡したデコトラにも影響を与えた!んですよ。マジです。

デコトラ好きな人!発祥は房総ですよ。

 

昔は我が家の実家の近くにもこの万祝や大漁旗を作る工房があったのですが、今は全くやっていません。

 

もったいない無形&有形の文化財ですよね。

 

房総の宝の一つといっても過言じゃないかと思います。

 

一応千葉県指定有形民俗文化財「房総半島の万祝及び紺屋製作用具」として登録されていますが、知らない人多いんじゃないかな。

ちなみに南房総市白浜にある海洋美術館にはこの万祝コレクションがたくさん展示されています。

 

それにしても、房総の人間って派手なものはやりもの結構好きですよね。

お祭りにしても袢纏にしても大漁旗にしても。

参考文献・サイト

  •  各地区の皆様!!!