おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

位牌から家系をさかのぼる!歴史や種類を知っていれば恥ずかしい思いをしません。

こんにちは。

弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。

 

仏壇に位牌はつきものですが、これはどんな役割をしているんでしょう。

 

位牌に薄い木札を入れる。

お葬式が終わって四十九日の法要のときに別の位牌に個人の魂を移す。

家系をさかのぼることができる。

などなど。

 

「位牌」からは、歴史やお葬式のマナーまで色々な知識が入っています。

 

そんな「位牌」についてピックアップしてみました。

それでは早速みてみましょう!

やってきたのは中国から

「位牌初回購入の文字入れ代」 販売元が「野田木工」位牌文字入れ代金です。

出典:amazon

位牌の伝来

後漢時代(25年~220年)中国の儒教の先祖祭祀の時に使用されていたものが起源とされています。


現在の様な装飾的なものとは違って、もともとは「木簡(もっかん)」という木の板を利用していました。

位板(いばん)・木主(もくしゅ)・神主(しんしゅ)・虞主(ぐしゅ)などともいわれます。

 

これが鎌倉時代に禅宗とともに日本に伝来し、まずは武士たち上流階級のひとたちの間で用いられるようになりました。

初期は官位や姓名を記していたようですが、やがて戒名、没年月日、俗名、年齢など細かく書くようになりました。

 

一般家庭でも使われるようになったのは江戸時代以降で、家ごとに仏壇をおくようになったためといわれています。

 

また、日本にはモノには霊が宿るという依代(よりしろ)の神道の考えがあったので、これとうまくマッチし、現在までなくなることなく普及しました。

位牌の意味をしらなくても、仏壇にこれをおくというのは誰でもしっていることですよね。

※なぜ江戸時代から普及し始めたのかは下の「まちこ余談話」を読んでください。

宗派での違い

ではお寺といってもさまざまな宗派がありますが、それによってなにかかわることはあるのでしょうか。

 

基本的にルールなどはありません。

 

しいていえば

  • 曹洞宗、臨済宗などの禅宗では、唐木のもの。
  • その他宗派では黒漆などの塗りのもの。
  • 地方ごとに決められている。 

の傾向があるようです。

 

また浄土真宗は位牌を使わず戒名(浄土真宗では法名)を「過去帳」に記しておくなどありましたが、今は同じように位牌をつくって供養してあげることが多くなりました。

 

↓この過去帳は宗派に関係なく、大事な人の記録としてとっても流行っているそうですよ。

さらに細かく宗派ごとの戒名の記載方法などを知りたい方は仏壇屋さんなどのサイトを参考にしてください。

f:id:oragamatiko:20180912124629j:plain仏事コーディネーターが教えてくれる専門店

番外編:板塔婆と何が違うの?

ihai-toba

 位牌と同じように「戒名」を入れて、お墓に置いてある変な形をした板をみたことがあると思います。

 

これなんていうか知っていますか?

「板塔婆(いたとば)」といい、「とば」とよばれるのが一般的です。

 

長さ1~2mほどのいくつかくびれのある不思議な形をした木の板です。

この形は「空風火水地」を表していて、五重塔と同じ起源を持ちます。

 

そもそも五重塔はお釈迦様の骨を入れておくお墓の役割を持っています。

つまり供養のために建てられた塔なわけです。

その供養塔をまねて小型化したものがこの塔婆です。

 

位牌と違って故人そのものを表すのではなく、追善の供養としてお盆や節目にお寺にお願いします。

ちなみに塔婆の方が位牌より歴史は古くて、平安時代末期には書物に記載が見られます。

自分で用意するからこその基礎知識

位牌はお寺が用意してくれるものではありません。

 

お寺が用意してくれるのは「戒名」だけです。

 

位牌は自分で探して、もらった戒名を記載しなければなりません。

しかも四十九日までに準備しなければなりません。

知らないでいると、そりゃもうバタバタとなります。

 

また、位牌は個人そのものを表すとされます。

そのためお寺側も戒名の作成時に、故人がどんな人だったか、どんなものが好きだったのかなど詳しく聞いて、その人にあったものを考えてくれます。

 

位牌をみるたびにその人が思い出せるようにと、このようにお寺側も配慮してくれますし、また位牌もその人見合ったものを用意することが望ましいといわれます。

 

そのため位牌や戒名を生前にもらうことも最近は増えて来ているようです。

とはいっても、本来なら戒名は生前にうけることが理想だし当たり前のことなんです。

「戒名」は仏様の弟子になるってことなので、死んでから受けるのではなく生きているうちにもらって修行にはげまないと。

 

この生前戒名は、自分の好みの字や位牌を用意することが出来る上に、仏徳を7倍にすることにもなるんだとか!

 

ただし、生前に位牌を貰った場合は「戒名」を授けてくれたお寺で必ずお葬式をあげましょう。

これを家族に知らせず他のお寺でお葬式をしてしまい、トラブルになることも多いそうですよ。

 

「位牌」がどんなものか、知識として知っておくのが最近の常識となってきているようです。

では、詳しくみてみましょう。

種類はどんなものがあるの?

白木 位牌 / 冠婚葬祭研究所

出典:amazon

内位牌(白木位牌)

亡くなってすぐに作られる白木造りの簡素な位牌です。

お葬式の時に喪主が持っていうものがそうです。

 

この位牌は背が高いためもあり、基本四十九日の仮祭壇が置かれている間のみ使用されます。

 

それ以降は「本位牌」を置きます。

本位牌

四十九日以降仏壇に置かれる位牌です。

 

「札位牌」と「繰り出し位牌」があり、私たちがよく目にするのは前者となります。

 

札位牌は1~2人(2人の場合は夫婦が多い)の戒名が書かれています。

 

この札位牌を故人の人数分仏壇におくのは大変なので、そこで出てくるのが繰り出し位牌です。

繰り出し位牌は箱状の少し大きめのもので、中に板状の位牌が複数入っています。

「先祖代々之霊」として、複数の故人をまとめておくときに利用します。

寺位牌

お寺に別に置かれる位牌です。

別途作る必要があります。

 

お寺での朝夕の勤行(かんぎょう・お祈りの時間)の際に供養されますので、信心深い方や宗派によっては納めることがあります。

おもしろ豆知識:等身大の位牌

お寺に行かれるとものすごく大きな位牌を目にしたことはないでしょうか。

歴史上の人物には、故人の背丈に合わせて作られたものなどがあります。

 

愛知県岡崎市にある大樹寺(だいじゅじ)という浄土真宗のお寺は、三河松平家菩提寺でもあります。

徳川将軍の位牌が安置されていますが、この位牌は将軍の臨終時の身長をまねしてつくったと言われています。

 

ちなみに家康は159センチだったんだとか。

大きさも決まってる?

昔はその人の社会的な立場に合わせてつくられていたようですが、今はお家の住宅事情が優先されます。

 

普通に販売されているものを購入すればほぼ間違いはないかと思います。

大きさは尺寸分で表記されていますが、センチメートルで但し書きしてあります。

必ず確認して下さい。

 

ご先祖様の本位牌(とくに札位牌)がまだ仏壇にある場合は、これよりも大きくならない方がよいとされています。

 

発注の際は、ちょっと置いてある位牌の大きさを計ってあげてくださいね。

漆塗り?白木造り?形も決まってる?

松山神仏具店 位牌 上一重繰出し位牌 3.5寸 総高さ22cm

漆塗りなどの「塗位牌」と、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)の「唐木牌」の2種類

にわけることができます。

 

これに様々な装飾がされます。

とくに繰り出し位牌は写真の様な美麗な装飾がされていることが多いです。

 

 

作り替える・切り替える・破棄するときには、必ず「魂移し(みたまうつし)」を行います。

お寺に必ず相談しましょう。

f:id:oragamatiko:20180912124629j:plain位牌のいろはを詳しく教えてくれる仏壇屋さん

まちこの位牌余談話~我が家の歴史をさかのぼる~

江戸時代初期にはキリスト教ではないことが重要で、キリシタンではないことを証明するために寺に名前を登録することが義務付けられていました。

 

これにより日本国民は「檀家(だんか)」となり、お寺の管轄下におかれるようになります。

 

その後も江戸の平和な時代に死者を供養したり、住民調査の一環として現代まで引き継がれてきました。

 

もしあなたのお家の歴史をさかのぼりたいと思ったら、まずこのような先祖代々檀家であるお寺に行くと良いです。

お寺には少なくとも江戸時代からの名簿が残されています。

 

繰り出し木札の中に「元号〇年没」などとかかれているものがあれば、まずそのあたりから探してみてください。

江戸時代中のお家の歴史を知ることができるはずです。

 

我が家の一番古い木札は「文化(1804~1818年)」でしたのでそれをもとに調べたかったのですが、残念な事に檀家であったお寺は過去焼失をしていて、名簿や古い時代の書物は残っていませんでした。

でも江戸時代中期からは続いていたお家ってことってのがわかって、とっても面白かったですよ。

 

浄土真宗のお家であれば「過去帳」があるので、比較的さかのぼりやすいかと思います。

 

お家の歴史・家系を知りたいなという方は結構いると思いますが、なにを起点に行動をおこせばいいのかと思いますよね。

 

そんな方は是非お家や実家の位牌をのぞいてみてください。

意外な発見もあるかもしれませんよ。

まとめ

位牌にも時と場所によって、色々なものがあります。

しかも、事前にしっておかないと大変な思いをすることも多々ある位牌。

 

悲しいことですが、大事な人がなくなって喪主はこういった手配でバタバタしていて気持ちを切り替えることがなかなかできません。

 

白木位牌から本位牌になって初めて落ち着いて供養が出来るという方も多いようです。

位牌選びは故人そのもの、気持ちを切り替えるために必要なものです。

 

また、ペットの葬儀なども行われる時代となりましたが、人と同じように位牌をつくって供養する方も増えて来ているようです。

お寺によっては埋葬できるできないがあると思いますので、必ず確認して下さい。

また、仏壇専門店や墓地を一緒にさがしてくれる企業もあります。

こういったものも利用してみてくださいね。

f:id:oragamatiko:20180912124629j:plainお葬式のことなどで困ったらこちら

位牌をしらないと困ること、位牌を知っていると得すること、位牌にはこんなにもたくさんのことがかくされています。

 

ご先祖様の霊は大事に供養したいものですね。

 

以上「おらがまち」まちこでした。