おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

人形供養をするべき?人形をゴミにできない日本人と歴史からみるその理由。

こんにちは。

弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。

 

部屋の大掃除をすると困るやつ。

  

それは、ぬいぐるみ。

 

 

捨てるか人形供養に出すか、毎回毎回悩みます。

 

愛着があるのもはもちろんですが、実は人形(ぬいぐるみなど広い意味を含めます)に対して、私たち日本人独特の感覚があるんです。

 

今回はその人形について、縄文時代よりさらに前までさかのぼって詳しく見て行きたいと思います!

人形はなぜ生まれたのか

ningyou-naze

歴史はものすごく古い

人形は「人型に(もしくはあるものに姿を似せて)つくられたもの」をさします。

 

わたしたちが思う人形と言えば、ふわふわの遊び道具としての人形やお雛様や五月人形のように飾る人形と思いますよね。

でも、原型としては土偶や埴輪のような土で作られたもの、石に彫られたものなど、これ人形っていうくくりなの?というものなんです。

なので、仏像なども広い意味で人形のくくりに入ります。

 

その土偶から始まった人形の歴史は、いつからと明確な考古学的資料は発見されていません。

 

古いものは先史時代(石器などの道具を人類が使用し始めるころ)で、約3万5000年前のドイツ南部の洞窟で発見されたものがあります。

これは人類最古の彫刻といわれる人型の彫像です。

 

先史時代は、石かほとんどが土偶のように土で作られたものばかりで、今のわたしたちの思うぬいぐるみのようなふわふわしたもの布製のものなどはありません。

これは、石や土偶のほうが布製のものなどに比べると土中で残る率が高いためです。

 

もしかしたら発見されていないだけで、布で作られた人形なんてのもあったかもしれません。

こればかりは、発見される運がその人形に必要なのでなんともいえませんが。

 

その後も時代時代で様々な形のものが出土しています。

女性であったり、犬や馬などの動物、家の形をしたもの、大きいもの小さいもの、木で出来ていたり粘土で出来ていたりと、とにかく多種多様。

 

初期は女性の形が多かったようですが、時代を経るほど多様化してくるのが特徴です。 

 

日本最古の土偶は、滋賀県で発見されたもので1万3000年前のものになります。

やはり女性型の小さなものです。

 

土偶はやがて埴輪へと変化し、その後は木や鉄、銅などで作られ、爆発的に増えて行きます。

 

そしてこの人形を作るという行為は、現在まで途絶えることがない人間の文化的な活動となっています。

お守りとして使ったり、飾ったり

では、人形は一体どんな用途で生まれたんでしょうか。

 

飾るため?

遊び道具として?

それとも他に理由があるんでしょうか。

 

海外に通用する人形誕生の説は、実は日本には通用しません。

細かく見て行きたいと思います。

海外の場合~神様~

先にあげたドイツ南部で発見された石の彫刻は、大きさがわずか6cm。

自分で立つことが出来ない形をしているので、懐に入れていたり飾ったりしたものではないかと言われています。

いわゆるお守り的な人形であったと考えられています。

 

日本同様海外でも土偶は発見されていますが、ほぼ女性の形をしています。

その性格は農耕をメインとした生活から「五穀豊穣の地母神」としての扱いが強かったようです。

神様的な存在として飾られたりしていたといわれます。

 

このように、海外ではお守りや神様の像として生まれたのが通説となっています。

 

しかし、日本では狩猟民族としての色が濃かったので「地母神」的な扱いだけでは説明しきれなく、日本の土偶がどんな性格を持っていたのかはいまだ謎が多いそうです。

日本の場合~土偶~

発見されている土偶は壊れた状態が多く、さらに謎を呼んでいます。

 

よく博物館なんかで飾られている土偶なんかは、かけらを集めて復元しているものになります。

もしくは全体を復元したレプリカを展示していたり、そのまんまきれいな姿で出土するというのはあまり見られません。

 

土偶を「意図的」に壊していたのか、それともたまたま壊れてしまったのかは、決定的な説はありません。

 

通説としては

 

  1. 病気などの回復を願って身代わりとして壊した
  2. 安産祈願を願って無事出産すると同時に割って壊した
  3. 一つのものから複数のものにするという種芋発想で豊穣を願って壊した*1
  4. 老朽化したり壊れてしまったりしたため「もの送り*2」した
  5. 古くなって精霊を宿すことが出来なくなったので破棄した

 

などがあります。

 

いずれにしても宗教的な感覚のもとで使用されていたことは間違いないようで、宗教用具として人形は作られたようです。

 

これは世界をみても日本もみても変わらない人形誕生の理由となります。

ゴミに出来ない日本人的感覚

人形は宗教用具の一つとして発展してきた経緯があるとお話しましたが、人形に対する感覚は海外と日本では根本的に違います。

 

なぜなら、日本人の性格は神道を基本にしているからです。

 

海外ではキリスト教やイスラム教などが主流の宗教となりますが、いずれも「一神教」といって「神様はただ一人」という考えがあります。

「信じるものは救われる」というフレーズがありますが、神様は「敬い・信じ・崇拝するもの」としています。

 

なので偶像崇拝を禁止していますよね。

これだと神様が具現化(現実の世界に存在)してしまうので、神様の威厳がなくなってしまうわけです。

 

ちなみに「仏教」は仏像をお寺に安置したりしますが、これを拝んで崇拝しなさいというためのものではありません。

仏像は、仏教のお釈迦様やその真理(仏教の教え)なんかをわかりやすくするために仏像という形が出来上がっただけで、それに仏様が宿るとかっていう考えにはなっていません。

 

そして神道の神様は、常にすぐそばにいるものなので、崇拝するものでも信じるものでもありませんでした。

 

日本の神様はそのあたりの草にもいますし、お米粒一つ一つにもいます。

トイレにもいるし、お水にも神様がいます。

生活の中にともにいるのが日本の神様の特徴です。

 

日本人は「モノには魂が宿る」という感覚を持っていますよね。

 

「付喪神(つくもがみ)」は長い年月をかけた道具などに、精霊などが宿って人を驚かせる妖怪として登場しますが、これも神道の考えによるものです。

 

「なんにでも神様はいる」のが日本人なんです。

 

ましてや人や動物のようにもともと生命のある生き物を形にした人形なら、なおのことこうした考えになります。

 

なので、ぬいぐるみや人形を処分したいと思っても、日本人はなかなか捨てることができません。

 

もはや逃れられない根本的感覚です。

役割を持って生まれてきた

ningyou-yakuwari

人形には魂が宿るというお話をしましたが、日本で活躍する人形たちはどこでどんな仕事をしているのでしょうか。

 

もう立派な一人称として扱っていますが、それぞれみんなちゃんとした役割を持って生まれ継続して生きています。

 

代表的なものは雛人形や五月人形のお祝いのものや、遊び道具としてのもの、などなど人形たちの代表をいくつかご紹介します。

雛人形や五月人形

出典:真多呂人形

雛人形や五月人形にはお子さんの生まれたお家にはたいていありますよね。

 

雛人形の歴史は平安時代中期頃といわれ、女の子の遊び道具として作らました。

でもこれただの遊び道具ではありません。

嫁入りの際に持っていく道具や従者のことなどを学ぶための道具だったといわれています。

昔の女の子のおままごとのおもちゃが今の雛人形の原型かと思うと面白いですよね。

 

五月人形は「端午の節句」の時に飾られる兜などですが、男の子のお祝いとしての記述は奈良時代の書物にまで遡ることができます。

でも五月の節句はもともと女の子の節句で、菖蒲の葉で作った小屋で凄し邪気払いをしたことが始まりといわれています。

 

それが鎌倉時代になると「菖蒲(しょうぶ)」が「尚武(しょうぶ)」に転じて、いつしか男の子の節句へとなっていきました。

 

また邪気払いであることから「五月人形」といえば「鍾馗(しょうき)*3の人形」で、疱瘡除けや学業成就を願って飾られます。

中国や韓国、ベトナムなどでも同じようなお祝いがあるそうですよ。

 

お祝い事として成立するのは両方とも江戸時代になってからになります。

 

一生に一度の買い物なので、購入には信頼のおけるお店でのご購入をおすすめします。

 

写真の真多呂人形のお店は江戸時代から続く木目人形を製作するお店ですが、最近安売りした節句人形を買って、良くない事が起きたという相談を受けるそうです。

 

モノには魂が宿るといいますので、心こもった節句人形を我が子にあげたいものです。

宗教用具としての人形

イスム TanaCOCORO(掌) 阿修羅 仏像 フィギュア ポリストーン

出典:amazon

宗教の人形といえば仏像です。

仏教の仏像はこれを崇拝しなさいというものではなく、仏様はこんなものなんですよ、とわかりやすく形にしたものです。

 

なので、これがイコール阿修羅だ!ではなく、阿修羅はこんな姿をしているらしいですよ~と教えるための道具になります。

 

ただ日本に入って神道と合体すると、像そのものに神秘性が出て神々しさがくっついてしまい、ちょっとややこしいものになってしまいました。

 

あたかもそこに仏様がいるように感じませんか?

 

これも日本人的感覚と言えます。

 

また宗教道具の人形といえば、呪いの藁人形なんかもぱっと思い浮かびますよね。

丑三つ時に五寸釘をカンカンさすというのが定番と思いますが、藁人形の歴史は意外と古いんです。

 

平安時代に疫病が流行ったとき道端に置かれ、病魔を祓ったことが始まりといわれています。

人の身代わりとなって、疫病を被るためだったようです。

 

この「人の身代わり」という考えから、江戸時代に入ると憎い人を呪い殺す道具として、その人の身代わりとなって釘をさされるようになります。

「丑の刻参り」です。

 

また、平安時代より前から呪術的に人を呪ったりするのに人型の板を用いられたりもしていました。

藁人形は仏像とは違って「人の代わり」として用いられたようです。

てるてる坊主は宗教用具の一つ

宗教用具とはだれも思っていないかもしれませんが、これも起源をたどると藁人形と同じ「人の代わり」のものなんです。

 

古代中国で雨が降り続いていけないと美しい女の子を生贄にして、天に差し出したところ、晴天となったという伝説があります。

これが日本に入ってくると、雨の祈祷を行うお寺のお坊さんとつながって「坊主」となり、「てるてる坊主」といわれるようになりました。

 

生身の人間を、何かあるごとに天に差し出すわけにはいきませんよね。

なので、人の身代わりとして「てるてる坊主」を作ったというわけです。

いわゆる「人身御供(ひとみごくう)」を人形にやらせたんですね。 

 

でも、わざわざ首をしめて吊るすことないって?

 

雨をやませる祈祷に失敗したお坊さんは、首をはねられ、白い布にくるまれ市中にさらされたそうです。

その時からピタリと雨がやんだんだとか。

そこからてるてる坊主はあの形に。

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

ちなみに写真の案山子は田の神様依代として田んぼにたてられたのがはじまりです。

人間の代わりに害獣駆除をしてくれる面もあるので、多機能な人形さんです。

ロボットも人形?

 

インテリジェン 人型ロボット プログラム可能 ジェスチャ制御 手振り制御 多機能ロボット 歩く ダンス ソングなど (ブルー)

出典:amazon

現代版の人形といえば、ロボットです。

これはもうリアルに人間に近いものが出来つつありますよね。

 

魂が宿るといいますが、自分で考え表情豊かに話すロボットを見るとちょっと怖くなります。

だって本当に生きているようですから。

人間がはるか昔より続けてきた文化的な人形作りという行為は、人間と同じものを作るというところまで来てしまったんですね。

 

何だか都市伝説的な気分です。

 

人の代わりに危険な仕事してくれる、人の代わりに何かしてくれるというのは、人身御供的な感覚もします。

将来どんな形で、ロボットが認識されるのかとても興味が湧いてきますね。

まちこ人形余談話~人形を捨てないという選択肢~

ゴミにするのに躊躇する方なら、神社やお寺の人形供養やリサイクルショップ、寄付など一生懸命探すしかありません。

 

わたしもその中の一人です。

 

でも、かなりの量だし、寄付先さがすのも大変そうだし、ああでも家に置いておくのも荷物になるし。

ご供養っていってもどこの神社に任せればいいのかわからないし。

このままうちに置いておこうかどうしようか。

 

という方にもう一つおすすめがあります。

 

とりあえず保管。

 

です!

圧縮袋

ふとん 圧縮袋 2枚組 安心の日本製 大判なので収納力大!ダニ ホコリよけに 洋服 衣類収納にも
 

一番お金がかからないし、結構便利に活用出来ます。

 

いざというときにすぐ出すこともできます。

ダニやほこり対策にもなるので、ぬいぐるみには持って来いの保管方法です。

 

家に保管場所のスペースがあるなら断然おすすめの方法。

トランクルーム

今人気のトランクルームに保管しておく方法もおすすめです。

 

ええ?わざわざ荷物を持ってそこまで行かなきゃいけないし、月額5000円とかかかるんじゃないの?

って、私も昔思っていました。

でも、今はとっても画期的なんです。

 

ネットでお願いをして、荷物もとりに来てくれるし、段ボール一つから預かってくれたりもします。

値段も安くなっていますし、大掃除の時に出た荷物なんかも一緒に収納しておけるのでいいですよ。

月額1480円~で、とってもリーズナブルなのが特徴。

荷物の配送はクロネコヤマトなので安心安全!

全国展開がとっても多くて、片田舎でも見かけるトランクルームです。

屋内型・屋外型の選択も可能です。

直接自分で行かなければなりませんが、すぐ近くで見つけられるので大変便利!

 月額250円から、箱につめて送るだけというめっちゃ簡単なトランクルームです。

この金額ならとっても利用しやすいですよね。

 

 

ぬいぐるみや人形は処分することばかり考えてしまいますが、誰かにあげるのも良いですが、思い出の品としてとっておきたいこともありますよね。

 

色々な方法がありますので、捨てる事ありき、ではなく、孫にも伝えられるくらいの気持ちでずっと保管するというのも良いと思いますよ。

 

子供の結婚式の時に、赤ちゃんの時によくお前がかじっていたぬいぐるみだよ、って渡すのも夢があっていいですね!

まとめ

ningyou-joumon

日本人が人形をポイっとゴミとして捨てられない理由は、もう潜在的な意識です。

 

気にする人もいれば、気にしない人もいます。

どこかに売りに行くのも人形に申し訳ないと思う人もいれば、誰かにあげるのも気が引ける人もいます。

ましてずっととっておくというのも大変ですよね。

 

私たちの中には無意識のうちに結構神道的な考えに染まっている所があります。

面白い反面、こうしたやっかいな点もあります。

日本人は無宗教といいますが、むしろかなり宗教的。

 

なので困ったらすぐ近くの神社やお寺に相談に行きましょう。

 

余談ですが、こうした神道の考え方は縄文時代に作られてきたようだというものがあり、土偶もこうした考えに沿って謎解きをすると、もしかしたら解決の糸口が見つかるかもしませんね。 

 

以上「おらがまち」まちこでした。

*1:種芋から複数の芋ができあがりますが、土偶も一つのものから複数の破片へすることで、その効果を狙って意図的に壊したという説です。女性像が多いのは地母神的な意図があったようです。

*2:今でいう人形供養のようなもの

*3:中国道教の神様。魔除けや邪気除けの神様としても知られています。