おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

10月10日に南房総でドライブ?お祭りだらけの房総に突撃する日~北三原、南三原祭礼~

スポンサートリンク

こんにちは。

弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。

 

南房総はドライブするにはもってこいの土地です。

地元のまちこも、風感じながら音楽聞いて海岸沿いを走るのが好きです。

※南房総では車がサビサビになるのは常識ですので、ご覚悟を。

 

内房から外房に延びる国道128号線の外房黒潮ラインに入ってくると、海の様子が変わってくるのを実感できます。

 

そんなちょっと海の風景が変わってくるあたり、南房総市の旧和田町。

 

ここのドライブをするときにはちょっと注意が必要。

 

それはお祭り。

 

実はここだけに限らず、10月10日の体育の日あたりは南房総中がお祭りだらけです。

 

お祭りが南房総でお祭りがいかに多いか、これまた実感できる貴重な日でもあります。

 

それでは早速このあたりのお祭り情報です。

早速みてみましょう!

北・南三原祭礼について

内房からやってきて、外房の雰囲気が出始めるこのあたりを北三原(きたみはら)・南三原(みなみはら)といいます。

 

南房総市和田町のJR南三原駅を挟んで海から山間にかけて伸びる地区で、山側に北三原、海側に南三原があります。 

 

関東で唯一の捕鯨基地がある和田町ですが、海水浴やサーフィンも出来る海岸があることでも有名。

f:id:oragamatiko:20180801153116j:plain昔は房総には他にも捕鯨の港があった!

最近はペンションやサーフショップなども出来、昔とはちょっと違う面影をつくりつつあります。

 

とはいえ主要産業は農業・漁業で、温暖な気候から南房総ならではの花の栽培が盛ん。

 

「北三原祭礼」「南三原祭礼」は、毎年10月第2日曜日に開催される合同祭です。

 

北三原、南三原ともに日中は各地区曳き回し、その後北三原・南三原でそれぞれ集結し、お囃子の競演が行われます。


南三原は南三原海岸の駐車場にやってきます。


北三原の参加地区は、中組、東組の2地区、南三原は下、中、小川の3地区。

山車・神輿等をご紹介

南三原祭礼・中組(?神社)

中組はJR南三原駅の周辺になります。

鎮守はわかりませんが、正運寺が祭礼の拠点となっているようです。

 

昭和15年製作されたと言われる山車を所有します。

浪花屋七郎兵衛による天照大神に人形を乗せ、後藤喜三郎橘義信の彫刻が彫られています。

松海中組とも言われています。

南三原祭礼・東組(?神社)

東組も中組同様JR南三原駅周辺の地区です。

 

神武天皇を乗せた山車があります。

昭和10年以前に製作されと言われたと聞いていますが、詳細は不明です。

北三原・下(熊野神社)

下は和田町の黒岩周辺の地区になります。

熊野神社を祀っています。

 

花屋台を所有し、後藤喜三郎橘義信による彫刻が施されています。

北三原の3地区は、屋台上部にたくさんの花飾りをすることで知られています。

それぞれ決まった色があり、下はカラフルな花を飾ります。

中(?神社)

中は黒岩周辺の山間の地区です。

 

ピンクと白の花が多く飾られた鮮やかな花屋台を所有します。

彫刻は後藤喜三郎橘義信と言われています。

小川(天御中主神社)

小川は北三原の海側の地区で、天御中主神社(あめのみなかぬしじんじゃ)を祀ります。

 

花屋台があり、最近新調されたようです。

先代はいつのものかは不明です。

黄と白の花を屋台上部飾りに祭礼に色を添えます。

 

< 参考文献・サイト >

  •  各地区の皆様!!!

海風があるところではレンタカー

南房総にドライブい来る車はとってもピカピカ。

南房総の人(房州人)も車にこだわる人多いです。

※ヤンキーとかではありません。

 

田舎ゆえに車がないと移動手段がほぼありません。

過疎化の影響でバスや電車の本数は激減しています。

 

だから車でどんどん来てください!

 

とは、南房総人のまちこには言えません。

 

なぜなら潮風が半端ないから。

台風の前後とかに、南房総にドライブに来るのは絶対避けた方がいいです。

 

南房総の人は、車を野ざらしにしておくと潮風でやられてサビサビになるのをしっているので、こまめに洗車するか、車庫をちゃんと作る、風よけをつくるなどして車を守っている人が多いです。

 

しかも、東京川から南房総に来るまでに2つ関所があります。

 

それはアクアラインと鋸山。

 

あそこ、大渋滞します。

時間をそこでとられてしまうので、おすすめできない。

 

しかも、どちらも潮風にさらされる難所です。

なので、車で南房総に遊びに来たら、必ず洗車をしてあげて下さい。

 

南房総で、潮風の威力を知っているまちこは、どこか海側観光地へ行くときは必ず電車で現地まで行って、現地でレンタカーを借りる、というスタンスを守っています。

 

でも、海風を肌で受けて車を走らせるってとても気持ちがいいもの。

というわけで?

館山市もそれを知ってか知らずか、こんなキャンペーンをしています。

マツダのロードスターに乗れるという企画です。

地元民のまちこも思わず借りたくなった企画。

 

期間限定企画で協賛企業もあり特典つきですが、ほかのレンタカー会社で借りても断然おすすめ。

 

日頃乗れない車に乗って、海っぺりを快走し、おいしいものを食べるなんて最高です。

 

それにお話したように、この時期は南房総中がお祭りだらけ。

 

渋滞もオープンカーに乗ってれば気がまぎれるし、何よりも生で南房総特有のお祭り囃子「平群囃子(へぐりはやし)」を聞けます。

 

あのお腹に響く太鼓の音や、氏子が歌う「木遣(きやり)」という歌は、生でなければ実感できません。

 

どうせお祭りで南房総中渋滞しているなら、オープンカーでドライブして、気持ちよくお祭りを体感するのもまた一興。

 

南房総にドライブに来るなら、オープンカーをレンタカーしてお祭りを体感してみて下さい。

きっとその迫力に圧倒されること間違いなし!

 

 

以上「おらがまち」まちこでした。