おらがまち

歴史大好きまちこ主催!弱小「文化財」応援ブログ!

お香を焚く意味とは?中国やインドからやってきたお香の木の歴史とお話。

スポンサートリンク

こんにちは。

弱小文化財応援ブログ「おらがまち」まちこです。

 

今回は「お香」です。

 

「お香」は、香りを出す様々な自然由来の物質から出来ています。

特に「木」は「香木」ともいわれ、国の文化財に指定されてたりする貴重な品です。

 

お線香なんかが身近なお香は、とっても歴史が深い上に、ちゃんと焚く事に意味があるなんて意外に知られていません。

 

そんな「お香」の歴史や焚く事の意味について詳しく解説してみたいと思います。

 

ではでは早速!

お香の歴史

okou-rekisi

中国やインドからやって来た

お香の歴史は大変古く、紀元前にまでさかのぼることができます。

初期のころは古代オリエント、今でいう中東あたりで盛んであったものが、インドや中国を経て日本に伝わってきたといわれています。

 

仏教の伝来とともにやって来たとされ、推古天皇の時代には焼香のような形が既にあったとも。

 

世界的に見ると、「香り」に対する起源というものはもっともっと昔の原始時代にもありました。

それは人間が「火」を使うようになったためです。

 

お香は基本「火」を利用して、香りを揮発させることで楽しみます。

原始時代にも、偶然に「火」に香りのある木を燃やしていたのではないかと考えられています。

火を使用するようになったころからと考えると、人間の原始的な生活のころからあった「文化」といえます。

 

「香」には、上記のように火で焚く「焼香」と身体に直接塗る「塗香」の2種類があります。

 

塗香も人間の体温という熱によって揮発させたりと、いずれにしても熱を加えることで香りの効果が高まることは昔から知られていました。

 

アジア圏では仏教の儀式の「焼香」となり、いわゆる「お香」の文化が発展し、

ヨーロッパではアルコールの発見とともに「香水」へと発展して行きました。

 

このように「香りの文化」全世界で共通してあり、宗教的な儀式に利用されたり、美容や健康のためにも使用されていました。

香りは虫よけ?

突然ですが、「ミイラ」って臭いと思いますか?

肉の腐ったような?

 

これが実は

 

すごくいい匂いがするんだそうです。

内蔵などを取り出したところに「没薬(もつやく)」というお香を入れていたのですが、これがいい香りのもとといわれています。

 

どんな香りかというと、甘くてスパイシー。

 

殺菌作用があり腐敗などから防ぐ効果があったそうで「ミルラ」とも言われていて、「ミイラ」の語源はここからきたと考えられているそうです。

 

ミイラからこんな香りがするかと思うと、なんだか不思議ですよね。

興味のある方は、現在もアロマとして販売されていますので、こちらへどうぞ。

ですが、本来「香り」には殺菌作用や虫よけなどの様々な効果があります。

 

ハーブにも虫よけの力があることから、ベランダや庭先に置いておくと蚊などの害虫がよって来ません。

古代のギリシャでは家畜の虫よけや匂い消しのために、馬や牛などにもお香を塗っていました。

 

現在だと「香りを楽しむため」と思われがちですが、本来はこうした殺菌作用などの効能を利用することが目的。

 

なので、お医者さんがこのミルラを持ち歩いていたそうですよ。

風邪予防や口内炎にも効果覿面なんだとか。

 

お香には医学的な効果もあり、多種多様な使用目的があったんですね。

お香の原料

okou-genryou

お香の原料は実にさまざま。

どれも自然由来のもので、基本人工的に作られたものは添加されません。

 

香りを発する木や、漢方や生薬などに使用される樹皮や樹液、植物由来の花や根などたくさんの種類があります。

 

これらの配合の仕方によって、効能や香りがかわってきます。

 

香水などは、自分好みの調合が出来ることが知られていますが、お香も香水も基本同じ仲間なので、お香も自分好みに調合することが出来るんですよ。

 

ただ、お香は香水のように液体で出来ているものではないので、固めたり砕いたりする作業があり、あまり一般には普及していません。

 

でも、お香の専門店などには粉末にしたものなどが販売されているので、購入は可能です。

 

しかししかし、お香の原料となるものは基本「高価」。

1g云万円とかします。

 

これは現代に始まったことではなく、古来から「高い」。

 

これっぽっちなんですが、値段は・・・

香木が代表格

冒頭に国の文化財クラスの「お香」が存在するといいましたが、この「お香」はもはや値段もつけられないくらいのものです。

 

奈良時代の代表建築である「正倉院」に保管されていたもので、重要文化財に指定されています。

 

天下第一の香木とうたわれ、足利義満、織田信長、明治天皇なども切り取ったといわれる「蘭奢待(らんじゃたい)」も正倉院の宝物で大変有名な香木もあります。

 

時代を経ても香りがすること、長い年月を正倉院という国宝の中ですごしていたこと、などなど、値段には換算できないくらいの価値があります。

現代人から見ると、いかにも高価な歴史ある一品ですが、昔の人にとっても価値は変わりませんでした。

 

これらの香木は、見た目なんの変哲もないただの「木の一部」です。

(とはいえ大きさは60センチくらい、蘭奢待は150センチほど)

 

しかし、産出量の少なさや、香りの良さ、輸入され来た貴重な品であることから、権力の象徴ともいわれ、歴代の天皇や権力者たちによって大変重要視されきました。

 

それなら、色々な権力者たちが使いまくってなくなってしまったんじゃないのかって ?

なんで残っていたかって?

 

それはお香は、ものすご~~~く小さな破片で充分香りを楽しむことが出来たからです。

 

だからほんの少しだけあれば十分。

 

だからこそ1000年以上の時を経ても残っていたんです。

 

購入店で1g何万円、と値段がつけられていますが、そのたった1gでも何度でも香りが楽しめます。

 

ちなみに有名な香木といえば「伽羅(きゃら)」「沈香(じんこう)」「白檀(びゃくだん)」。

 

沈香も白檀もお線香の原料などにもなっているので、なじみ深い香り。

白檀はサンダルウッドという名でアロマとしても活用されてます。

そして沈香のなかで香りがよいものを「伽羅」といいます。

 

いずれも古いものほど良いとされています。

 

そりゃ高価になるわけですよね。

お香を焚く意味

okou-taku-imi

浄化作用

お仏壇にもあげるし、お葬式の時には焼香という形をとります。

 

お香には虫よけや殺菌効果があるとお話しましたが、これが不浄のものを寄せ付けないという発想となり、死や悪霊といった負の存在に対しても有効だと考えられたためです。

 

また、良い香りのものは邪気を祓うということから、玄関やトイレなど陰気なところに置くと良いとされます。

 

風水的な考え方でスピリチュアルな面ばかりが全面に出てきてしまいますが、運気の悪い家はやはりあります。

科学的に湿気が多く、暗い、湿気ているが故にカビ易く、家そのものが臭いとされています。

 

臭いものというのは、不浄であったり、美しいというイメージは持てません。

 

仏教の世界でも、天国には良い香りが漂っているとされています。

日本の神様や、仏教の仏様はいい香りがするところが好きなようなので、気にされる方は定期的にお香を焚いてあげて下さいね。

湿気を吸着

お香やお線香など香を練り成形したものは、火をつけると周辺の空気を取り込みながら燃えるという特徴があります。

 

そのため、お香を焚く事でじめっとした空気を取り込んでくれる効果が期待できます。

 

湿気取りのように劇的な効果はもたらしませんので、間違っても大量のお香を焚くのはやめましょう。

火災報知器が反応していまいます。

 

どちらかというとこれは気休め程度と捉え、それよりも湿気た空気中に増殖する菌を殺菌してくれるように適度に焚くのが良いです。

心身のリラックス効果

これはアロマと同じ効果です。

アロマもお香も同じ原料からつくられているものがほとんどです。

効果なども同等のものが得られます。

 

自分の好みのものを探して使用するのが良いです。

 

お香というとギュッと範囲が狭まってしまいますが、基本アロマと同じなので、アロマの専門サイトなどで知識を得るのも一つの手段です。

 

アロマは人工的な香りのものもありますが、お香は基本素材そのものの香りが多いです。

 

しかし中には混ぜ物が入っているがために、煙に有害な物質が吸い込む可能性がありますので、裏面の原材料などを確認し、さらに専門店で購入するようにしてあげてください。

お香からパワーをもらう~まとめ~

okou-pawa-

今はアロマなどが流行っていて、手軽に香りを楽しめる時代です。

 

身近にアロマや香水はありますが、お香というとお寺のお線香、お焼香とイメージしていまいます。

そしてお焼香やお線香の香りは、服につくとなかなか取れないと敬遠されがちです。

 

しかし、着物に合う香りは?と問われるとほとんどの人が「お香」と答えるのではないでしょうか。

 

身近なものではないけれど、日本人として身に着けて違和感がないのも「お香」の良いところでもあります。

 

香水も自分の香りづけするアイテムですが、「香袋(こうぶくろ)」一つでも身につけていると、粋な感じがするのはわたしだけではないと思います。

 

「お香」=「お線香」ではありません。

 

お香にもさまざまな香りがあり、今は煙の出ないものや、ハーブなどをメインに作られた新しい香りのものもあります。

 

身に着けなくても、色々な使い方があります。

押し入れのジメジメとカビ対策に白檀の粉末香を入れるだけで、殺菌効果もあり、しかも布団にふんわり香る白檀のおかげで、安眠効果も得られます。

 

時代もモノも早く移り変わりますが、良いものが残っているのはやはり、そこに利点があるからだと思っています。

 

今一度「お香」の良さを感じてもらえればな~と思います。

 

 

以上「おらがまち」まちこでした。